Fighting Kouichi!


by m.ko-1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

増資と株価

公募増資があると株の希薄化ということでたいてい株価は下がる。昨年の2−3月に大手銀が次々に巨額の増資をやった時には、相場全体が最悪の状況になった。もちろんイラク戦争とか他にも悪いニュースが重なったこともあるが、日経平均も7000円台突入で日本沈没論が説得力をもっていた。みずほなぞも今でこそ40万をこえているがあの時は7万円まで落ちたのだから、すごい。今思えば全力で買っておくべきだったという感じだが、このままつぶれるのではないかという雰囲気でとても買い増しは出来なかった。

みずほの場合はそれでもだいぶ儲けたので悪い気はしないが、 インターアクはこれまで保有した銘柄では最悪。新興株が崩れ始めた頃に50万で買ったら、公募増資の発表でさらに急落、どんどん下がって30万くらいになり、あとで買い戻すつもりで一旦売った。ほんのしばらくは予想通り下がりつづけたが、予想より早く上がり始めて買い戻せず、今やなんと180万だ(分割補正価格)。20万の損を確定してしまったが、売らずに持っていれば130万の利益・・・リベンジを賭けて最近また買ったら、またしても公募増資をやられてしまった。相性の悪い銘柄ってのがあるんだな。

公募増資も地合いによっては大して下がらず、逆にすぐ上がり始めることもある。9月頃にPSSやインデックス、アンジェスなどが次々公募増資をやったが、下げは一時的だった。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-03-26 11:24 | 4x3