Fighting Kouichi!


by m.ko-1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

問題の立て方

「Hiroさんの主張は、例えば「原子力発電の是非」についての推進論者の議論と全く相同なわけです。この問題の立て方、構図が、「建設的」なものなのかどうか、私の疑問はそこにあります。」

う〜〜む?どうも話がすれ違っているように感じるのは、ぼくが「科学的には問題がない。だから推進すべき」という短絡的な主張をしていると誤解していませんか?

繰り返しになりますが、今回主張していることのメインは「遺伝子組換えに特有の危険性があるというのは誤解である」ということであって、「遺伝子組換作物の是非」について述べたつもりはありません。どこかにそんなこと書きましたっけ?

もう一度最初に書いたものを読み返しましたが、「遺伝子組換えに特有の危険性があるというのは誤解である」という一連の主張と、「なぜ日本では受け入れられていないのか? 受け入れられるためにはどうしたらいいのか」と言う考察から成っていると思うのですが。
もし「遺伝子組換作物の是非」について主張をした文と読めたならば、それはぼくの意図していることではありませんので訂正します。

「遺伝子組換作物の是非」について述べるなら、経済的、倫理的判断も必要になるのはもちろんのことです。
しかし科学的に間違った認識の上で、経済的、政治的な論議をしたって建設的な議論にはならない。だからまずは、誤解があるならそれを解いておく必要がある、と思います。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-16 00:27 | GMO