Fighting Kouichi!


by m.ko-1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

初めての誕生日 その4

そのあとはコウイチの機嫌もあまりよくないので一直線に鴨川シーワールドホテルに。ここで2泊。

鴨川シーワールドホテルは子供連れにはいろいろな配慮がされていて非常に助かった。連泊も昼寝の必要な赤ん坊連れにはかなりいい。
食事は基本的にバイキングだが、夕食では離乳食も無料でオーダーできる。普段は離乳食は一食1−2種類程度しか食べさせてもらえないコウイチだが、この二日は毎食5−6種類のものを大量に食べた、食べた。食べられそうなものは片っ端から食べたね。
a0006395_23163892.jpg


普段外食する時は大人はコウイチのスキを見つけて急いで掻き込むしかないのだが、このホテルは食堂にキッズルームが併設されていているので、コウイチの食事が終わったら一人がそこで遊ばせている間にゆっくり食べることができる。
キッズルームには保育士さんのような人もいるので、もう少し大きくなれば一人で遊ばせることもできるだろう。
ときどきベルーガの着ぐるみもやってきてコウイチは大喜び。(子供が泣き出して怒っている親もいたが。)
なぜかベルーガの口の中に手を突っ込みたがるコウイチ。
a0006395_23125992.jpg


キッズルームで遊ぶ子どもたち。
キッズルームと言っても食堂と一体化しているので、様子を見ながら食事が出来る。
a0006395_2313278.jpg


お風呂にもベビーバスやベビーチェア、更衣室にはベビーベットにベビーサークルもあった。こういうのがないと赤ん坊の着替えはおろか、自分の着替えも出来ないからねえ。
そんなわけでこのホテルでは赤ん坊を連れていてもほとんど困ることはなかった、子供があふれていて、子供嫌いにはちょっとうれしくない環境かもしれないが。

バースデーケーキもオーダーできる。2個目。
2人用だがちとでかすぎた。コウイチもクリーム付きイチゴを食べた。
a0006395_23135515.jpg


布団からはみでないようにがっちりガード。
a0006395_23142768.jpg


水族館の方も連泊していることもあってのんびりと、近所の公園に出かける感覚でいくことができたのはよかった。赤ん坊連れのお出かけとなると準備だけでも大変だから、何ももたずに出られるというのは大きい。

この水族館、シャチやセイウチやベルーガなど驚くべきでかさのもいるし、イルカやアザラシのように元気いっぱいのもいて楽しめる。
コウイチはアザラシの芸はよくわらないのかぐずっていたが、イルカのジャンプには大喜びで拍手をしていた。

水中のアザラシ、かわいい。
陸上でのファニーな動きからは想像できないほど水中では機敏。こちらに向かって突進してくる。
a0006395_23144959.jpg


一人イルカに夢中の妻。
ぎりぎり見える高さで良かったね。
a0006395_23151672.jpg

a0006395_23153778.jpg

シャチやベルーガのような巨大な生物のびっくりするようなパフォーマンスを見られるのはありがたいが、あれだけ巨大なものが一生あんな狭くて何もないところで暮らしているとのはちょっと切ない。芸をしない時はせめてあの10倍くらいの大きさの水槽に移してあげられるといいんだけどな。

今回は水族館以外を見る機会はなかったが、外の景色も美しい。
カモちゃんいないかな・・・
ちょうど行っている間の朝日の夕刊に写真が出てたけど。
a0006395_2316082.jpg

a0006395_2316890.jpg


金庫破りに挑戦中のコウイチ。
電話と金庫が遊び道具だった。
a0006395_23165888.jpg


旅行中の体調は前半は旅行前に比べればかなりよくなっていたが、3日目あたりからコウイチは3日目あたりから妙に体が熱くなってたし、自分は腰が痛くなってきていた。
そのためなるべく部屋でのんびりしていたが、自分の腰は痛くなる一方。こりゃまずいと初めてマッサージをやってもらった。(足裏マッサージを予約していたが、腰に効くやつをってことで上半身のマッサージをやってもらった)
マッサージ自体は、さすがプロ、気持ちがよかったが、その後腰の痛みは急激に悪化して最終日の夜は身動きも出来なくなった。寝返りはもちろん、布団の上を移動することも出来ないし、咳をすると腰に激痛が走る。
こりゃまじでまずい。救急車を呼んで担架で運んでもらうしかないかも。しかしこんなところで病院に入院したらどうしよう。妻とコウイチだけでは荷物を持って自宅に帰るのも難しいかもしれない。とか一晩悩んださ。
去年友だちがヘルニアで入院していたから、自分も来たか?と思ってしまうんだな。

幸い、次の日の朝にはそこそこ痛みがひいて一人で起きることができるようになっていたので、運転は妻に頼んで無事帰り着くことが出来た。前の晩熱かったコウイチも回復していて、次の日には無事会社&保育園に復帰。
かなり余裕のある日程の旅行にも関わらず、やっぱり赤子連れの旅行は大変だった。

それにしてもあの腰の痛みは一体・・・マッサージのせいで悪化したのか、あるいはマッサージのおかげで1晩で治ったのか?
しかし2日後の今朝、また身動きが取れないほどの痛みになったので医者に行ってきた。
旅行から戻ったら急にのどが痛くなって咳が止まらないのでそれも見てもらったのだが・・・
腰の方は、子どもを抱っこしているせいだと思うと言ったら、ろくに状態も見ないで「あー、そのズボンのせいだな。スーツのズボンが良いよ」とか言って痛み止めを出してくれただけ。
咳の方は、のどをちらっと見て「あー赤いね」と言ってうがい薬をくれただけ・・・
診断が間違っていないなら、要するにそのうち治るって亊で重大な事態ではないのだから喜ぶべきだろうが、とにかくシャレにならん痛さなんだよ。咳もむちゃくちゃ苦しいんだって・・・
多少なりとも症状を緩和するものが欲しいんだが・・・
余計なものを処方しないのは名医なのか良く分からんが、とにかくつらいから結局市販の薬を買いに行った。

今回の旅行は全体としては良かったと思うが、旅行に行って体も心もリフレーっシュ、と言うわけには行かなかったのは残念。
[PR]
by m.ko-1 | 2005-02-26 23:17 | Kouichi