Fighting Kouichi!


by m.ko-1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

公開

このブログは人に読まれることを前提にして書いてない、といっても、公開している以上、人に読まれる可能性がある。

「書く」ということは自分の考えをまとめるうえでも役に立つので、昔からちょこちょこ書いてきた。頭の中だけで考えているとぐりぐり同じ考えが巡ってきて眠れなくなったりすることもあるが、一旦書き下ろしてしまえばすっきりする。

ケンカなどして頭に血が上っているときにも、何に対して自分が怒っているのか書きだしてみると案外すぐ冷静に戻ることができるのだ。まあ最近はそんな頭に血が上ってどうにもならないなんてことはないが、中学生くらいの時は兄弟げんかとか親とのケンカとかよくあった。そんな時は相手の悪いところとか自分の正当性とかぐるぐる頭を巡って、怒りがどんどん増幅されて暴れずには収まらなくなるが、そんな時に頭の中だけで考えずに紙に文章として書きだしてみると、10個も20個もあるように思った相手の悪いところが実は2つ3つしかなかったり、そうこうしているうちに冷静さを取り戻してくるとその2つ3つもそれほどのものではないことに気づいたりするのだ。
反抗期で手のつけられないこどもがいたら、主張を紙に文章として書かせるのがいいかもしれない。・・・反抗しているんだからそんなこと言っても聞いてもらえないかもしれないが。

話がだいぶずれてきたが、そうやって書き下ろした文章を人に読まれるというということに対しては、ちょっと複雑な思いがある。自分の考えをひとに知ってもらいたいと言う欲求は自分にも当然あって、たくさんの人に読んでもらいたい、感想や意見を聞きたいという思いもある一方で、日記を人にのぞかれると思わず隠したくなるような、そんな気分もする。

人に読まれると言うことを意識しだすと、思ったことを何も考えずに書き下ろすというわけにもいかなくなってくるのだ。会社の人が見るとなると、会社のことは書きにくくなる。
誰にも知らせなければ、ほとんど読まれることもなく、公開する意味もない。しかし誰に知らせるかによって、書くスタイルも変えざるを得ないので、誰に知らせるかはまだ決めあぐねて誰にも知らせていなかったが、妻がこのページにリンクを貼ったらしい。と言うことは、妻のHPの読者がやってくる可能性があるのか・・・
妻のHPの読者は誰なんだろう、ちょっと気になる。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-03-13 03:38 | top