Fighting Kouichi!


by m.ko-1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アテンザ23Z---納車2ヶ月目のインプレ

23Zがやって来て2カ月目、走行距離も2500キロを越えたところでのインプレ。
a0006395_111788.jpg

エクステリア
結構派手ないでたちをしているが、飽きはこない。まあ、まだ2ヶ月だけど、アテンザ登場から2年、MPVやアクセラもかなり似た顔つきをしているが、いろんな顔を持つトヨタや日産の車の方が飽きが早いような気がする。まあメーカーとしてはぽんぽん新型車を出せるから問題ないんだろうけど、買う方はぽんぽん買い換えるわけにもいかない。
BMW、ベンツ、ボルボ、プジョー、アルファみたいな統一感があるほうが好みだな。マツダもそろそろそんなブランドの仲間入りできたかな?
三菱も最近ブーレイ顔に統一しようとしていたが、ありゃ、ちょっと最悪。売れるわけがないと思ったが、その前に燃える燃える。どうなってるのかね?
実は車はどのメーカーも1日1台くらいの割合で燃えているが、三菱ばかりニュースになっているという話もあるが・・・(株価も百円割ったなあ・・・200円台でマツダと競りあっていたころに両方持っていたけど、今やマツダは400円越え、三菱は100円割れ。予想通りとも言えるが、信じがたい。)
何か大きなニュースが出ると、次々同じようなニュースが出てくるのは、実体は今までと何も変わらないがニュースになるようになっただけなのか、実際似たような事件が増えているのか判断に困ることが多い。

話がずれてしまった。
車が気に入ると今度はもっとかっこよく自分仕様にしたくなって来るが、23Zはもともと特別仕様でなかなか付け加えるところがない。
エアロもフル装備だし、ホイールも特別の18インチ、サスも特別・・・となってくると何を変えればいいのやら。車高を下げるとすりそうだし、マフラーをかえるのはちとお金がかかる・・・

安くて、ちょっとかっこよくなることを探して、とりあえず今はclub atenzaのステッカーをつけたのと、ナンバーカバーをつけてみた。
ナンバーカバーはオービス対策の赤外線を通さないやつはもちろん違法だが、色のついたのも場所によっては取締りがあるらしい。前のナンバーを湾曲させて下に向けて灰色のカバーを付けたら印象変わるかなと思ったが、ちとやりすぎのような気がして前のナンバーにはカバーなしでメタルの枠をつけ、後ろのナンバーには汚れ防止に完全に透明なカバーを付けてみた。メタルの枠はちょっとしたアクセントになってグー!

それにしても、ナンバーが全然見えないような濃い色のカバーしてたり、全く見えない角度にしてたり、取り外してたりするのをよく見かけるけど、あーゆう極端なのは厳しく取り締まるべきだと思うんだけどな。毎日すれ違うやつは一向に捕まる気配なし。
スピード違反にしても、速度超過といったって流れに沿って十分安全走行しているのを捕まえたって意味がない。気が狂ったような危険な走りをしてるのをちゃんと取り締まってほしいんだがなあ。普通の無害の人を捕まえていた方が警察としては楽して成績上げられるってことだろうかね。

ちなみにclub atenzaは、リンクも付けてあるが、実に紳士的で有用なHPになっている。ちょっとした疑問はQ&Aで検索を掛ければすぐに解決。みんなアテンザにすごい手をかけているなあ・・・
それにしても、すぐ荒れる掲示板と、紳士的な掲示板の違いは何だろうと思ったら、club atenzaの場合は匿名を使っていてもオフ会でけっこう本人に会う事があるからなんだろうな。完全な匿名になるとどうしても失礼なやつとか、すぐケンカをふっかけたがる人がいて内容も薄くなる。

またまた話がずれた。ボディーコーティングは1年保証で4万円くらいのと、5年保証で6万円くらいのがあって、1年あたりでいえば5年のやつの方がお得なのだが、実際どの程度の効果があるのかわらなかったので1年のやつにした。(ちなみにうちの隣のMPVは5年保障のやつにしてた。)
コーティングをしていると水洗いをして、拭き取るだけでピカピカになる。コーティングしてないやつがどの程度なのか、もっと時間が経つとどうなるのかまだ分からないが、これはけっこういい感じ。5年のにすればよかった。(5年のは1年のと基本的に同じだが、1年ごとにメンテナンスをやってもらえる)しかしけっこう高いよなあ。

インテリア
インテリアも23Zは特別仕様でかっこいい。黒が基調で随所に本皮が使われていて結構高級感がある。しかし以前ほど気にならないが、やっぱりチタン調で盛り上がったセンターパネルはいまいちかな。つや消しブラックで盛り上がってないのがいい。マツダはどの車種もインテリアがちと弱い。エイトのはかなりいいが。
センターパネルにはオプションでカーボン調のパネルを貼り付けることができるが、つやつやしているのと、隙間があるのが気にくわないのと、結構値段が高いからやめた。
センターパネルのエアコンやオーディオの使い勝手はいいし、夜は全部赤く光るのはかっこいいから全体としては気に入っている。ガラスの曇りが一瞬にして吹き飛ぶのは感動した。

ちょっと気になったのはサンバイザー。普通サンバイザーのところに駐車券とか高速の券を挟むと思うのだが、挟むところがなかったのだ。ほんの皮一枚ついてればいいのに、何で?
実は内側のミラーのところに挟めるらしい(窓を開けた時にチケットが飛ばないようにとの配慮らしい?)が、面倒。
で、自動車用品店でサンバイザー用のチケットホルダーを買ってきて装着した。
これでとりあえず解決だが、ミラーは使えなくなった・・・

それと収納はいまいちかな。グローブボックスにナビの本体が入っているせいで、車検書しか入らない。地図とか説明書とかノートをいれるところがないので、助手席の後ろに自動車用品店で買った大きめの収納ポケットをつけた。

あと替えるとしたらシフトノブかな。エイトのシフトはかっこいいし、手にしっくりきてよかった。

ナビ
ディーラオプションで安くなるという三菱のナビにした。まあ初めてのナビだし機能には特に期待していなかったから、不満はない。
純正のように収納することは出来ないが、センターパネルの上にぴったり収まって、視界も邪魔しないのがいい。
GPSの精度もなかなかいい。(走り始めの5分くらいは全然違うところにいることもあるが。)ラッキーだったのは、フィルムアンテナだからすっきりしてるし、FM-VICSがついてて、ある程度の渋滞情報がわかる。渋滞情報は時間のずれからか外れていることも多いけど、ないよりはいい。
道案内は当てにならない。知ってる道を案内させるととんでもない遠回りだったりするし。
でもまあ遠回りでも目的地につける、現在位置がわかる、というのはやっぱりありがたい。
ちなみに説明書を読んでいないからまだ使いこなせているわけではない。

オーディオ
オーディオはノーマルとボーズの選択があったが、MP3とボーズの組み合わせがなかったのと、車の中で聞く分にはそんな音にこだわってもしょうがないと思ってノーマルにした。が、これはいきなり後悔した。
パルサーより音悪いかも。4スピーカーなはずなのに前からしか聞こえないし、なにやら古いAMラジオか?って感じ。
しかし、これは説明書を読んでいない自分が悪かった。だいぶ経ってから我慢できなくなって説明書を読んで調整したら、もちろん後ろのスピーカーからも音が出たし、かなり不満のないレベルの音質になった。でもなんで工場出荷の時に妙な設定しているのかな?危うくスピーカーを交換するところだった。
説明書を見ていて発見したのは、車の速度によって自動的に音量が変わる機能。つまり車のスピードが出てくると音量が上がって、スピードが落ちてくると音量が自動的に下がってくる。オーディオの操作はステアリングでもできるし、必要なさそうな機能だと思ったが、設定してみると案外便利。走っている時には気持ちのいい音量でも、信号に停まるとやかましい、というのがなくなるのは予想外にいいもんだ。

燃費
2200キロ(8割くらいが片道30キロの通勤)走った時点での平均燃費は9.8 km/Lとなった。23Zのカタログでの10・15モード燃費が12.2 km/Lなのでこんなものだろうか?
まだ慣らし運転で丁寧に乗っているから、もうちょっと行って欲しい気もするし、未だぎこちない運転だし、エアコンをずっと使っているから仕方がないという気もする・・・

最近燃費のいい運転方法の理論に目覚めたので、本当に燃費がよくなるのかこれからがちょっと楽しみだ。とりあえず、カタログ値を越えたいな。
燃費のよい走り方というと、そろそろと加速してゆっくり走って、ゆっくり停まるというようなイメージがあるが、実はもっと奥が深い、らしい。
(元ネタはここ:http://www.nenpikoujyou.com/index.htm)

まだ自分で実証したわけではないが、上のHPなどを読んで、自分に合った燃費のいいと思われる運転方法を考えた。現在実践中で燃料の減り方を見ているとけっこう良さそうな気がする。(燃料メーターは全然当てにならないけど。)

・加速は低いギヤ(1-3)で思い切りよくアクセルを踏み込み加速時間は短くする。(急加速にはならない程度に)
・目標速度に達したら高いギヤ(4,5)で定速走行をする。
・定速走行の時は足をアクセルにのっけているだけという感じで、1500-2200回転ぐらいを維持して走る。
・加速が必要なときには十分力のあるギアにシフトダウン。

・信号などに停まるときは、停まる位置によってNで滑空、最後にフットブレーキ、あるいは、その時のギヤのままでアクセル全閉でエンジンギヤを効かせて減速していく。
(Nで滑空して最後にフットブレーキの場合はアイドリング並の燃料を食うが、エンジンブレーキがかかっていると燃料を全く食わないと聞いて、ここのところ、停まるときにはいちいちシフトダウンをしてほとんどエンジンブレーキだけで停まるような運転法をしていたが、アイドリングの燃料より、シフトダウンの時にアクセルをあおるほうが燃料を食いそうと気付いてやめた。でもシフトダウンで回転を合わせる練習にはなった。)

・カーブなどで減速-再加速の場合はシフトダウンが有効だ。カーブ手前でブレーキで減速するより、もっと手前でシフトダウンしてエンジンブレーキで減速、そのまま再加速というのが安全かつ効率がいい。このシフトダウンはヒールアンドトゥをきめたいところだが
、なかなか難しい。
(今までクラッチを切りつつブレーキングで減速してカーブに入って、カーブの半ばで2速あたりに入れて再加速、というような運転をすることが多かったが、クラッチを切っているとグリップが弱くて車体のコントロールが難しいうえに、不意の加速が必要な事態に対応できなかったり、適切なギヤに入らなかったりとあまりいいことがない。それでも4輪ならあまり困らないが、そんなにバイクでクラッチを切ってカーブに突っ込むとうまく曲がれなくて反対車線に飛び出しそうになったり、クラッチをつないだ瞬間に強烈なエンジンブレーキがかかって転びそうになったりと怖い目に会う、場合もある。)

・そして一番の肝は、なるべくうまく先を読むこと。これが一番燃費走行にも、安全運転にも、スピード走行にも効く。

マニュアル
マニュアルは渋滞とか坂道とかが大変かな、という心配もないこともなかったが、慣れれば全然問題ない。ちょっとした渋滞は毎日体験しているが、オートマにすればよかったと思ったことは一度もない(何十キロの大渋滞は未だ経験していないが)。左足が疲れるということもないし。(バイクでは左手がめちゃめちゃきついことがあるが)
いろいろなテクニックを試せるし、加速感が楽しい。やっぱマニュアル最高!

3ナンバー
3ナンバーサイズということで、横幅はかなりでかい(見た目はそんな感じはしないのだが)。ちょっと不安もあったが、実際に運転してみるとほとんど気になることはない。むしろ、室内の広さ、トランクの広大さに感動した。ただし、最小回転半径が大きめなのはちょっと厄介ではある。パルサーならそれっ、と一発で回れたところが、ちょっと切り返しをしないといけないとか、横道から出てきた時に反対車線にはみ出してしまうことがときどきある。

走り
まだほとんど100km/hを超えて走ってないし、回転数も4000を越すのは一瞬程度。まだまだ潜在能力を引きだしていないが、リニアな加速間、よく曲がる、しっかり止まる感覚は気持ちがいい。いくらでも乗っていられる感じがする。2000回転当たりはちょっと非力かな。

視界
前方視界は良好だが、後方視界はかなりきつい。後ろの窓が狭いし、リアスポがあるし。でも、再度ミラーが幅広で見やすいし、普通に走っている分には気になることはない。しかしCピラーがぶっとい(ハッチバックだから仕方ないかもしれないが)から斜め後ろは極めて見にくい。Y字路で合流しようとする時にかなり困った。こういうときはどうするんだろ?窓をあけて首を出すのかな?

リアコーナーセンサー
後方視界が悪そうだということはわかっていたので、リアコーナーセンサーをつけた。バックする時に障害物に接近するとぴぴぴと鳴る。センサーが感知する範囲も万全ではないし、あまり当てにならないが、多少は役立つこともある、ような気がする。
センサーの黒いボツボツとついててかっこ悪い車を見かけるので、いざとなったらタッチペンで塗りつぶそうかと思ってたけど、このセンサーはそんなにかっこ悪くもなくてその必要はなかった。

ライト
ライトは非常に明るい。しかも明かりの角度を変えることもできる(レベリング機能)。しかしこのレベリング機能は結局めったに使わない。ダイヤルがあるのだが、どっちにまわすとどっちに動くかよくわからなかったりするし(覚えればいいのだが)、いちいち動かすのが面倒。フォグと、普通のと、ハイビームの使い分けで十分という感じがする。(Club Atenzaではお辞儀システムとかいって、ボタン一発でライトを動かせるようにしている人がいる。すごい。)

キーレスエントリー
今やどんな車にも標準装備されている感じだが、前車では付いてなくて、前車での不満な点ナンバーワンだった。待望の装備だが、保育園の送り迎えにはまさに威力を発揮する。コウイチを片手に抱え、リュックを背負い、バックを3つ持ち歩かねばならぬときにいちいちカギを差し込むのはやってられん。
最近はさらに、ボタンを押さなくても車から離れれば自動ロック、近づけば自動解除の装備もあるが(アテンザにもオプションがある)、それいいなあ。ボタン押すのもけっこう大変だからね。
ついでに家の玄関のカギもキーレスに出来ると助かるのだが・・・


大きくてマニュアルの車を妻がちゃんと運転できるか心配だったが、特にストレスもなく運転しているようなのでとりあえず一安心。(一緒に乗っているとつい口を出したくなるが。・・・9割方は黙ってるよ。)


コウイチがアテンザを気に入っているかどうかはわからないが、後ろの窓は全部ダークガラスで、直射日光が当たらないのは安心。ダークガラスは外からだとほとんど中が見えないが、中からは外がよく見える。
ベビーシートはまだ後ろ向きにつけねばならず、運転中にコウイチの様子を見ることが出来ないのでリアガラスに鏡をつけているが、ハッチバックのせいかなかなかうまく見えない。パルサーの時はよく見えたんだけど。
早く前向きに座らせたい。

そろそろ慣らし運転も終わりにして、夏休みの日本横断ドライブで思う存分走るのが楽しみ。(渋滞に巻き込まれないかだけが心配。)
[PR]
by m.ko-1 | 2004-07-28 01:03 | car & bike