Fighting Kouichi!


by m.ko-1
カレンダー

2004年 04月 17日 ( 6 )

もういっこ

a0006395_174437.jpg
大輪の菊のようだけど、たしか直径2センチほど。
駐車場に咲いていた。

J4はレンズが出ないから、撮ったらすぐしまえるのが便利。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-17 17:45 | photo

はな

a0006395_174233.jpg
よく見ると変な花だ。
3つの花がくっついてるのかな。
アメフラシみたいな色だし。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-17 17:43 | photo

マクロ

a0006395_163010.jpg
J4の2cmマクロで撮ってみた。

けっこうすごいじゃん。


さて何の花でしょう?




答えはうちのベランダに咲くカランコエ。
(色は変えていますが)

全然別の花に見える。

近くの公園にたくさん花が咲いてるから撮ってみようかな。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-17 16:31 | photo

今日の一枚

a0006395_174731.jpg
ムービーから抜いてきたワンカット。
印刷するにはちょっとキツイかな。
でもやっぱりいい表情は撮れる。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-17 02:48 | Kouichi

素朴な感覚

「昔ながらのやり方で栽培されたもの、または自然にあるものを食べている限りは、安全である、という素朴な感覚」

・・・これはまた、ふりだしにもどりましたね。まさにその「素朴な感覚」というのが科学的に誤った認識にもとづいている、と言いたいのですよ。

例えばアンケート調査をすると、「遺伝子を食べるなんて気持ち悪い」という返答があります。「素朴な感覚」ではありますが、明らかにそれは間違った認識です。

「なんとなく身につく感覚」は「理屈」がもとになるのではなく「知識」をもとに出てくるのです。「BSEからのアナロジー」というのも、まさに「BSEの原因は肉骨粉にある」という科学的知識にもとに出てくるわけですね。アナロジーという思考の過程ももちろん問題ではありますが、まずは出発点となる「知識」が正しいのかどうかが重要です。
もちろん、その「知識」は科学的なものとは限りません。

「遺伝子組換え」という科学技術に対して抱く「感覚」であれば、それは科学的に正しい知識によって出てきたものでなければならないのは当然のことです。
そもそも「遺伝子」とは何かという知識もなく、あるいは「遺伝子組換え」の定義も知らない人が、「遺伝子組換え大豆は使っていません」と書いてある商品のパッケージを見ると、「遺伝子組換え大豆」というのは良くないものなのだな、と思う。
まさにこれはミスディレクションです。

「なんとなく出てきた素朴な感覚」が、科学的に間違った知識や無知から出てきているのなら、それは当然指摘すべきでしょう。それを「市民を無知蒙昧な大衆と見るテクノクラートであると見做される」というのは、わけがわかりません。

写真を初めて見た人が、写真に写されると魂を抜かれると思った。それは「素朴な感覚」かもしれませんが、その「素朴な感覚」をもってカメラの開発が禁止されるとしたらどう思いますか?

地雷の問題では無知や事実誤認を嘆いているくまのみさんが、遺伝子組替えでは無知や事実誤認を肯定するのもまた随分矛盾していませんか?
地雷除去ロボットを開発していると聞いて、「日本の科学技術を生かして、地雷除去ロボットを作るなんて素晴らしい!」と思うのは「素朴な感覚」だと思いますが、それは違うんだと訴えているわけでしょう?もっと現場に関する亊とか、様々な知識を持てと。

「自然科学的理解の上での誤解を解くという作業自体は、価値中立的なものであって、反対派にも、賛成派にも利益があり、どちらからも求められてしかるべきものですね。」

そうです。だから自然科学的理解の上での誤解を解くという作業をする人が、賛成派なのか反対派なのかは関係ないですね。そしてその人がどちらの立場に立っているかを表明しているか否かも関係ありませんね。ぼくに「推進論者としての資格」があるかどうかも関係はありません。
科学的な事実に、「推進」「反対」の色はありません。どちらの立場の人がそれを言っているのかではなく、それが科学的に適切なのかどうかが問題となります。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-17 02:33 | GMO

職業観

「問いの立て方が、自然が対象の科学と、人文・社会科学では違うのです。」

ははあ、ようやく、くまのみさんのいいたいことがちょっぴりわかったかも。
(地雷除去ロボットの例はともかく、兵器の開発を同列に扱われるのは心外ですが)

組換え食品がいいかどうか、という問いを立てるのではなくて、その前に食糧危機を救うにはどうしたらいいのか、という問題設定をせよ、ということでしょうか?

「いま埋まっている地雷をどうやったら除去できるのか」という前に、地雷を根絶するにはどうしたらいいのか、ということを考えよ、と。

生物学者という立場から、どのように食糧問題に貢献できるかという発想をすると、遺伝子組換え植物を開発するという結論に達する。
ロボット工学の技術者という立場から地雷問題にどう貢献できるのかという発想をすると、地雷除去ロボットを作ろうという結論に達する。
しかしそういう発想では「最も社会的に意味のある、効果的な自らの使い方を決める」亊はできないよ、と。

つまりは、社会問題が先にありきか、職業が先にありきかということですね。
くまのみさんの主張は、「まず社会問題を考え、その解決のために最も効果的な自分の使い方、すなわち職業を決めるべき」だと。
あっていますか?

・・・それはまあ、職業観というか人生観の問題ですね。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-17 02:20 | GMO