Fighting Kouichi!


by m.ko-1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

移動

有料会員になると容量無制限になる。
金額はたいしたことないけど、無料のものが有料になるってのは抵抗あるなあ。
あんまりメリットないし。
今のところ、容量無制限というのとPDF出版できるというくらい。
他のところに移ろうと思ったけど、何やら使い勝手が違うのを覚えるが面倒。
と言うことで、エキサイト内に別IDで移ることにした。
分裂していくのも面倒と言えば面倒だけど、とりあえず以下のURLに移動します。

http://kouichi2.exblog.jp/

(kouichiのあとに2がついただけだから移動は簡単)
[PR]
# by m.ko-1 | 2005-09-06 01:26 | top

容量オーバー

とうとう容量オーバー。
もうここでは写真がアップできなくなってしまった。
う〜ん、どうしよう。
[PR]
# by m.ko-1 | 2005-09-02 01:03 | top

自転車

自転車にチャイルドシートを付けてみた。
a0006395_0555715.jpg

ちょっと随分高い所に乗せる感じ。
ハンドルが真っすぐのだからかな。

手賀沼を眺めるコウイチ
a0006395_0533516.jpg

水辺って言うのはいい感じだが、手賀沼はやっぱり未だ時々におう。
ワーストワンではなくなったとはいえ、たしか未だ下から3番目くらいだからね・・・


いつもすごい寝相だよ。
a0006395_057161.jpg

寝ながらころころどこまでも転がっていく。
[PR]
# by m.ko-1 | 2005-09-02 00:57 | Kouichi

CA閉鎖

3000人以上の会員を擁するアテンザのオーナーズクラブが突然の閉鎖宣言・・・
別にオフ会に出るでもなく、ほとんど幽霊会員だったもののサイトをチェックするのは日課だっただけにショックは大きい。
他にもアテンザのサイトはあるけど、会員はせいぜい数十人規模。
他の車種でもこれだけ大規模なクラブはそうそうなんじゃなかろうか。
情報源としても色々掲示板などはあるが、やっぱり数は力というか、情報の量も質も圧倒的だったから、過去の情報にもアクセス出来なくなるのは痛い。
何とか存続の道はないもんだろうか。せめてQ&Aだけでも・・・

基本的には一人の人が立ち上げて、管理してきた個人的なサイトだから、その管理人さんがやめると言ったらどうにもならんのだなあ。
会員が3000人以上にもなるのだから、もはやこれは管理人さん一人のものではない。
蓄積された情報も管理人さんだけのものじゃなくて、みんなの財産だ。
・・・といいたいけど、サイトの運営を管理人さん一人に頼っているとこういう結末をむかえるしかないのかな。

CA閉鎖に対する反応のはすごいけど、ほとんどは「残念だけど仕方がない。ご苦労様でした」という反応なのがちょっと意外だった。もっと存続を求める声があるかと思ったけど、結局自分がかわりにやる、と手を上げる亊が出来ない以上、人に負担を要求することは出来ないってことかな。誰かにやって欲しいけど、自分がやるとなるとちょっと・・・と思うのはその通り。
組織の永続には組織的な運営をするしかないんだろうけど、そんな組織を作るのも大変だからな。3000人も集まっても、一人の熱心なリーダーがいなくなれば雲散霧消かあ。

今回の閉鎖の理由は明かされていないけど、最近はサイトのリニューアルをしたばかりだったから、サイトの運営自体がいやになったというわけではなさそう。
おそらくや、最近の書き込みが原因ではないかな。
CAのステッカーを付けたアテンザにあおられて、怒ったスカイライン乗りが「絶対に見つけ出して謝らせる!」という書き込み。
暴走族の抗争みたいになったら手が負えぬ、という感じではないかな。

ここらへんがクルマのオーナーズクラブの難しいところでもある。
クラブと言ってもCAは入会資格が『アテンザが好き』というだけの門戸の広いものだから、3000人も集まったが、逆に3000人もいれば当然色んな人がいるわけで、なかには暴走族まがいの人もいるだろうし、順法精神おう盛な人もいるわけで、時に会員同士の書き込みでも随分荒れることも多くなってきていた。入会資格を厳しくすれば異質な人が入るのを防ぐことは出来るだろうが、3000人もの人は集まらなくなる。

CAの管理人さんは荒れるのが嫌いなようで、結構書き込みが消されることも多くなっていた。
掲示板の運営の難しいところでもある。
完全に書き込みを放置すると2ちゃんねるのように内容が薄くなってしまうし、かといって管理しすぎると活性が落ちる。

あーあ、それにしても残念だ。
[PR]
# by m.ko-1 | 2005-09-02 00:53 | car & bike

ブロック

台風直撃中。すごい雨だなあ。あちこち冠水してそう。

いつの間にか4段くらい積めるようになっていた。
じゅうたんの上だからこれ以上はきつい。
でも、基本的には未だ壊す専門。人が作ったのをすぐ壊す。しかもてってー的に。
a0006395_0551294.jpg


ブロックはいくらでもつなげられるようになった。
a0006395_0541332.jpg

で、つなげると、ばあ〜、というのか、だあ〜というのか、ちょっと文字では表せない声を発して棒をつき出す。
チャンバラごっこみたいなもんかな。
a0006395_0543352.jpg


でんぐり返しも出来るようになった。
前まわりは完全に一人で。
後ろまわりも寝転がっているとうちゃんの体に登って、段差を利用して後ろに転がる。

おむつを換えるよ、というと、てこてこおむつの袋を抱えてきて、ごろんと転がってまたを広げる。終わるとおむつを元の場所に戻しに行く。
聞き分けが良いときは随分ラクになった。
逆にイヤなときにはどうにもならなくなってきたが。
[PR]
# by m.ko-1 | 2005-08-26 00:54 | Kouichi

よくばり

冷蔵庫
とうとう冷蔵庫を開けられるようになってしまった。
最近はあまり棚の中のものを引っ張り出す趣味はなくなってきたが、冷蔵庫の場合は開けっ放しにされると困るからな。

タオルケット
最近自分のタオルケットに執着を見せるようになってきた。
ライナス状態ではないが、夜中に寝ぼけて泣いているときにタオルケットをあげるとその上にばたっと突っ伏して寝る。
今日は風邪を引いて寝ゲロで汚れたから洗おうとしたら大泣きで、濡れたままのタオルケットを抱えてた。
ないとダメなわけじゃないけど、思い出すとダメなんだな。
さっきもはじめはタオルケットなしでごろごろしていたが、しばらくして思い出して探しだして、まだ乾ききっていないやつを大事そうに抱えてた。
自分も子どもの頃はタオルケットが寝るときには必須だったが、においが重要で洗ってしまうと手触りもにおいも変わってダメだったが、コウイチの場合は洗ったのでも問題ないみたい。でも別のタオルケットとかバスタオルじゃダメなんだな。

ささかま
ささかま大好き。
とうちゃんと一緒に食べていたが、とうちゃんの食べるペースが速いのに焦ったのか、とうちゃんが食べていたささかまも全部奪って左手に握りしめ、ご機嫌でとうちゃんのマネしてワサビ醤油に浸けて食べたところ。
a0006395_16501867.jpg

あははは〜、欲張りのバツだよ〜
写真を撮ってからじゃないと助けてもらえないなんてあわれなやつ。

スワン
手賀沼のスワンボートに初めて乗ってみた。
誰も乗ってないねえ。
コウイチが運転したからぐるぐるおんなじ所を回ってばかりだった。
a0006395_16504138.jpg

ちょいとコーディネートおかしいけど、りりしいぞ。
a0006395_165148.jpg

テーブルの上に登ってえへへへ〜。
a0006395_16512370.jpg

くるまをもってえっこらせと。
a0006395_16513464.jpg

じいちゃんと仲良しになった。
ひざにちょこんと座りに行く。
a0006395_16514843.jpg

あっはっは〜
a0006395_16521012.jpg

[PR]
# by m.ko-1 | 2005-08-25 16:52 | Kouichi
せみ
a0006395_5101728.jpg

くまぜみかな。1匹でもものすごく鳴き声がでかい。
うちらが佐賀に着いた数日前まではものすごくやかましかったらしい。
写真を見せてもらったら、木にせみがびっしりついてた。ぞぞぞ。


たにし

散歩していたら、お堀に何やらピンクのものがたくさんついているのを見つけた。
よく見ると何やら卵っぽい。長さ5センチくらい。
a0006395_5105381.jpg

聞くと、ジャンボタニシの卵なんだそうな。
え〜、タニシ?

そう聞いて見てみると、なるほど、こいつが生んだのか。
a0006395_5112821.jpg

昔は食べていたこともあったとか。
でも、妻が佐賀に住んでいたころはいなかったというから、結構最近の話かな?
あんまり食べたくないが、卵も食べられるんだろうか?
ピンクのキャビアとか言って。

調べてみた。
http://konarc.naro.affrc.go.jp/padi/machin/rekishi.html
1971年に食用として輸入。
1981年 養殖が始まる
1983年 有害生物に指定

なるほど、話の年代は大体あってそう。
しかし養殖を開始して2年で有害生物に指定って・・・
稲を食べてしまうらしい。
さらに有害な寄生虫がいるため素手で扱ってはいけないんだとか。
・・・そんなの食べれないじゃん。
なんで養殖しようと思ったのかねえ。
[PR]
# by m.ko-1 | 2005-08-21 05:11 | Kouichi

佐賀の家ではコウイチは久しぶりにごはんをちゃんと食べた。
体調が悪い時は大体そうだけど、旅行中はほとんどジュースばかりで過ごしていたからほっとしたよ。

ナオコおばさんとシャボン玉。いっしょに、ふ〜。
a0006395_3104942.jpg

遊園地の忘れ物だって。いつもありがとう。
a0006395_3103262.jpg


7日目
佐賀の家で過ごす。
a0006395_310824.jpg

たらいのプールを出してもらった。
a0006395_394324.jpg

一人で楽しく遊んでいたが、友達が入ってくると大変。
a0006395_375259.jpg

a0006395_371374.jpg

風船はいっぱいあるのに、一つとられただけでむき〜! うぎゃ〜!
この風船もナオコおばさんのお土産だよ。

仲良く遊べばいいのに、って思うけど、自分のテリトリーが犯されるのにはすごく敏感。
特に相手が小さな子だと顔色が変わる。
最近はかあちゃんにも結構対抗心をむきだしにしているけど。
寝室から追いだしにかかったり、自分のタオルケットを使っていると奪いに行く。

保育園に行っているけど、まだこの年だとお友達と仲良く遊ぶって感じじゃないのかな。この前は顔にかみつかれていたけど。
保育園での様子をこっそり見てみたい。


初めてベビーシートのついたマウンテンバイクにも乗ってみた。
しっかり固定できるタイプのママチャリじゃないとあぶないと言われて、うちでは自転車に乗せられずにいたが全然大丈夫じゃん。
しかしそのうちコウイチがハンドルを持ちたがり、それだけならいいけどとうちゃんの手をハンドルから払いのけようとするのが困った。さすがに手放し運転はあぶないからなあ。
それに、自転車だと結構遠くに行けるが、途中で降りたいと騒ぎ出したり、帰ろうとする時に乗ってくれなかったりすると、自転車押しながらコウイチ抱っこになってかなりきつい。

このあたりのシンボルは、ひたすらムツゴロウ。
マンホールも、ガードレールもムツゴロウ。
後ろのうにょうにょは、名前は忘れたけど海底にいるうにょうにょした生物のモニュメントだろうか?
先っちょにつかまるところがあってびよんびよん動く。結構シュール
a0006395_362192.jpg

こんな巨大なムツゴロウもあった。
a0006395_364315.jpg

でも前回撮ったムツゴロウの王様はいなくなっていた。

これはかえる。
a0006395_36031.jpg


お寺の古いすべり台もとりあえず制覇。
何だか投げやりなペンキの塗り方だ。
a0006395_354480.jpg


夜はタダマサおじさんの結婚相手の家族とおしゃれなお店でお食事。
コウイチはここでもテーブルの下にもぐりこんだり、顔を出してばあ〜とやったり目が離せない。

8日目
今日も佐賀の家のたらいプールで遊んだり、自転車で公園に行ったり。
お昼にお墓参りのあとうなぎを食べに連れて行ってもらったが、コウイチはお店に向かう途中でナイスタイミングのお昼寝。
おかげで久しぶりにゆっくり食事を堪能出来た。
うなぎのせいろ蒸しは初めて食べたが、ごはんが面白い。茶色くて、ちまきみたいにもちもちしている。
うなぎの方はあぶらがごはんの方に移っているようであっさりしてる。うなぎとごはんが一体化したような感じだ。うなぎ単体だと、蒲焼の方がこってりしたあぶらが舌にまつわりつく感じでいいかも。
両方食べられて贅沢気分でした。
タダマサおじさんご馳走様でございました。改めましてご結婚おめでとうございます。

夕ご飯をいただいてお風呂に入ってから、車でほんの5分で佐賀空港。
お盆の真っ只中で料金は激高だけど、がらがらの飛行機で帰って来た。
コウイチは東京に到着寸前に寝て、寝たままオムツを換えられ、車を乗り換え、そのまま家に帰っても寝ていた。
1週間空港の駐車場に停めておくと往復タクシーに乗れそうなくらいの値段になってしまって、ちと贅沢だが、山のような荷物とコウイチがいるとやっぱりこれが一番楽。
今回また何台か車に乗ったが、アテンザの積載能力には改めて感心した。

コウイチは次の日の朝の4時ごろ起き出して、とうちゃんを無理やり起し、テープ貼り、水道遊び、電子ピアノ、綿棒投げに、綿棒並べ、綿棒ダイブ、積み木、レゴ、と、うははは〜、と本当にうれしそうに次から次へと定番の遊びを一通りやってからまた寝た。

で、今度改めて落ち着いて起きた時には、なにやら旅行に行く前に比べると一回り大きくなって、すごく成長したような感じがしたよ。
まあ大変な旅行だったけど、コウイチにはよい経験になったのではないかな。
[PR]
# by m.ko-1 | 2005-08-21 03:14 | Kouichi