Fighting Kouichi!


by m.ko-1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:4x3( 29 )

車の経費

車の経費を計算してみた。10年20万キロ、事故なく、故障なく走るとして、

アテンザ(2300cc)の場合
最初の購入費:250万
アフターバーツ:30万
車検:10万x4回=40万(10年)
ガソリン代:22万/年(10km/L、110円/Lで2万キロ走行)
自動車税:4.5万/年
任意保険:5.4万-4万(平均4.7万)
メンテナンス代:2万
駐車場代:8.4/年
JAF:0.6万/年(妻と2人分)

10年で742万
1年で74.2万
1月6.2万
1日2060円

うひゃー、740万ですか。
実際には他に高速代、臨時の駐車場代などがかかる。
会社の通勤手当等が補助月1.8万、216万/10年あるから、実質の負担は530万程度か。
それにしても、10年分まとめて考えると結構なものですなあ。
事故や故障なしでの計算だし、10年20万キロ乗りつづけるのもかなり厳しいことを考えると、実際にはもっとかかるのかも。

ではもう少し経済性を考慮した選択の場合。
スイフト(1300cc)の新車では、

最初の購入費:140万
アフターバーツ:10万
車検:8万x4回=32万(10年)
ガソリン代:15万/年(13km/L、100円/Lで2万キロ走行)
自動車税:3.5万/年
任意保険:4万-3万(平均3.5万)
メンテナンス代:1万
駐車場代:8.4/年
JAF:0.6万/年(妻と2人分)

10年で502万
1年で50.2万
1月4.2万
1日1390円

それでも500万か。
車はお金かかるね。
しかし今の妻の通勤費、月3万を10年分で考えると360万だから、まあこんなものなのかな。
しかし一人で乗るというのはエネルギー効率からするとだいぶ無駄なことには違いない。60キロ程度の物体を動かすために1500キロのものを一緒に動かすことになるのだから。
それを考えると、普段はやっぱりもっと小さな車にしたくなってくる。

R1(660cc)では、
最初の購入費:150万
アフターバーツ:10万
車検:6万x4回=24万(10年)
ガソリン代:11万/年(18km/L、100円/Lで2万キロ走行)
自動車税:0.8万/年
任意保険:4万-2万(平均3万)
メンテナンス代:1万
駐車場代:8.4/年
JAF:0.6万/年(妻と2人分)

10年で432万
1年で43.2万
1月3.6万
1日1200円

アテとR1ではざっと10年で300万の差ができるわけか・・・
一番安い軽の新車ならさらに70万くらい安くなるかな。
とはいえ、小さな車では役不足となってしまうこともかなりあるので、軽一台という選択肢はありえないのだが。

最も経済性の高い選択肢は、2-3年落ちの燃費のよい中古車を80万くらいで買って一切いじらずに10年20万キロを乗り切る、かな。
その場合はスイフトの計算から
最初の購入費:−60万
アフターバーツ:−10万
となって10年で432万。

結局最初の購入費しか変わらないから、10年分の総額で比較するとあまりお得感はないのかも。中古車のリスク、修理代、燃費を考えると差は縮まるし、好みの車種、色、グレードをあまり選べないし。
とはいえ車にこだわりがなくて、単なる道具として割り切る場合には有効な選択肢だろう。

燃費の影響は計算してみると案外大きかった。
20万キロ乗るなら10km/L、100円/Lで200万円!
これが15km/Lなら133万円。
つまり車を買うとき67万円高くても燃費が5割よければかかる総額は同じということだ。
とはいえ、実際には高い車の方が燃費が悪いことが多いし、実際の燃費の比較はなかなか難しいのだが。
同じアテンザ乗りでも平均燃費が8とか9の人もいれば、12、13いっている人もいる。9km/Lで20万キロ乗ると244万円、12km/Lで20万キロ乗ると183万円。その差なんと61万円!
・・・ま、20万キロも乗る人は少ないかもしれんが。

燃費といえば、お手軽に瞬間燃費、平均燃費などを表示できる機械を見つけた。
燃費マネージャーというやつ。
http://www.techtom.co.jp/FCM2000.html
レガシーやBMには標準でついていたと思うが、それが後付けできる。
ちょっとデザインが悪くて3万円以上するが、これをつけて燃費を一割上げられれば年間2万程度はガソリン代が浮くので、付けたい気分がかなり盛り上がった。
が、残念ながらマツダ車にはまだ対応していないようだ。
それに今でもカタログ燃費の9割を達成しているから、そこから1割アップはすなわちカタログ燃費ってことで、ちょっと無理だろうな。渋滞はどうにもならないから。

さて、車を2台持って10年、10万キロづつ乗るとするとどうなるのか。
アテ+スイフトの場合
ガソリン代が年18.5万、メンテ代が0.5万、タクシー代が2万浮くとして
10年では742+496−210=1028万

アテ+R1の場合
ガソリン代が年16.5万、メンテ代が0.5万、タクシー代が2万浮くとして
10年では742+426−190=978万

車2台を持つと10年で1000万前後・・・結構すごい。
20年で2千万だから子供が一人育てられるか?
30年で考えるとマンションが買える?
・・・いや、1台は必需品だからそんなわけにはいかないのだが。
マンションついでに話が飛ぶが、うちの家賃は月10万。10年だと2年ごとの更新料1か月分を入れて1250万円!
30年で3750万円!立派なお家が買えそうだ。
「賃貸だと何も残らぬが、同じお金をローンとして払えば払い終わった時に家が財産として残るからお得」、とよく言われる。確かに30年で3750万円も払うと思うともったいない気がするよなあ。
実際にはもちろんそう単純なものではないので、その考察はまた別の機会に。

話を戻して
2台目で小型車を持つと10年でプラス290万
2台目で軽だと10年でプラス240万といったところか。
アテ一台=小型車+軽というのも・・・やっぱ大きい車は贅沢品かも。
いやいや、小型車や軽ではアテのように旅行の時にベビーカーやら布団やらなんでもかんでも持っていくことは出来ないし、普段の通勤での疲労度も違うもんね・・・単なる贅沢とは違うさ。

しかし、燃費が5−6キロで保険が高くてメンテ代がやたらかかる外車なんかだと、最初の購入費こそちょっとがんばれば買えそうな気がするが、10年で考えるとさらにその上プラス300万はかかりそう。
最初の購入費でつい比較をしてしまうが、10年分の総額で考えるとずいぶん違って見えてくる。

初期費用
BM3:400万、アテ:250万、スイフト:140万、R1:150万、中古小型:80万
10年20万キロ分
BM3:1200万、アテ:740万、スイフト:500万、R1:430万、中古小型:430万

(もちろん、駐車場代、走行距離や手のかけ方、保険のかけ方、事故や故障の設定の仕方でまた全然変わってくる。BM3の見積もりは友達の話を元にしたてきとーな予想)

さて今度は乗り換えのシミュレーションをしてみよう。
最初の購入費と車検以外は毎年同じだけかかるものなので、基本的に乗換えとは関係なし。アフターパーツと修理代が関係してくるが、ここでは無視。
つまり購入費用、車検、下取り代の関係を見てみる。

自分のイメージでは下取りがゼロになっても10年(以上)乗りつづけるのが一番お得という感じがしていたのだが、果たしてどの程度得なのか、あるいは得ではないのか?

250万の車を買って、車検に1回10万かかるとする。
10年乗って下取りゼロすると1年あたりの減価償却費は29万
車検を1回通して5年目に乗り換える場合に、1年あたりの減価償却費が同じになるようにするには115万で売れればよい。
同様に車検を通さずに3年目で乗り換える場合は165万。

・・・さすがにこの金額では売れないと思うが、要するにこの金額と実際の売却額との差額が、新車に乗れるプレミアムということになる。
すなわち5年目に70万で売れるなら、5−10年ものに5年乗るのと、1−5年ものに5年乗るのの差は45万ということになる。
5−10年ものと、1−5年ものにかかる修理代の差が20万だとすると、実際の負担の差は25万。
さらに新車の方が燃費がアップしているならさらにその差は縮まる。例えば5年で5万キロ乗るなら10km/Lが12km/Lにアップしていれば8万円の節約になるので、その差は17万。
実質17万で新車に乗りかえれらるのなら、悪くない、というか乗り換えたい。

140万の車を買って、車検に1回8万かかる場合は、
3年目:88.4万、5年目:62万

150万の車を買って、車検に1回5万かかる場合は、
3年目:99万、5年目:70万

実は走行が少ない場合は新車をがんがん乗り継いでいっても、同じ車に10年乗りつづけるのとそんなに負担は変わらないのかも?
見積もりを取ってみないとわからないけど。
ただ、乗換えを前提に車を買うと、せっかく新車で自分の好きな車を買えるはずなのにリセールバリューを意識して人気の車の白を買う、とかいうのではあまり意味がない。

ちなみにうちの場合は走行距離が5年で10万キロ行ってしまいそうだから、乗り換え策はやっぱりきつそうではある。

最近、2台目を手に入れようかと試乗しまくっているが、十年で300万近くかかることを考えると、果たしてその価値があるのか・・・
当初は保育園の送り迎えが小さな車なら楽、ということで考えていたが、今のところ保育園の送り迎えと通勤がセットになっているため、試乗した感じだと、送り迎えが楽になる分、いや、それ以上に通勤がきつくなりそうで、なんだかメリットを感じない。

2台あることの確実なメリットは、自分が車で出かけている間に妻が車を使えるということだが、そのために2代目を所有するとなると、ガソリン代のメリットも減って10年分の経費は350万、年間35万。現在の必要状況はせいぜい週1回弱ということは1回あたりの経費が約1万円。大体チャリや歩きでも用が足りる距離の移動が多いから、本当に必要を感じるのはせいぜい月1回で一回3万円!?

まあ実際はそれより、今のところ本当にほしいと思える車がないのが気分が盛り下がってきた一番の原因。
軽ではR1、コンパクトカーではニュースイフトが圧倒的に気に入ってはいるが、R1はパワー不足とやや割高なこと、それに販売台数があまりに少なくて社外パーツがほとんどないのがいまいちだ。ニュースイフトはかなりよく出来ていて値段も安いがほしいというほどでもない。

とりあえず、R1のMTかスーパーチャージャー付き、ニュースイフトのスポーツバージョン、あるいは別の魅力的な新車が出るのを待ちたい気分。
何しろ1年以内に2台の新車を買ってしまったら、次に車を買えるのはは早くて4年後、下手したら10年後まで買えなくなってしまうのだから、2台持つにしても買うのを数年ずらした方が何を買おうか迷える余地が残る。
全く買う可能性がないのに試乗しに行くのは気がひけるから、「気に入って条件さえ会えば買うかもね」という状況を維持しておきたい。
まず買えないだろうが、秋に出るニューロードスターを見たいし。
あと面白そうなのは三菱のアイ。ちょっと型破りな軽になりそうで期待している。
[PR]
by m.ko-1 | 2005-03-15 12:45 | 4x3

オークション

最近オークションを始めた。
目的は主に株主優待券の処分。
株は優待券とか配当は気にせずに売買しているから、自分では使えないものがけっこう送られてくる。関西地方のお食事券とか。
あるいは以前だと妻と飲みに出かけることも出来たが、今はそんな機会もないので使えずにそのままいろいろたまって、有効期限が気になっていたのだ。

自分で使えないと言っても、金券や割引券をそのまま使わずに有効期限を迎えるのはもったいない、ということでオークションで売りさばくことにしたが、金券とオークションというのはかなり相性がよかった。

おそらく近所の金券ショップじゃ買い取ってもらえないようなマイナーなところのお食事券でもかなり高くで売れる。金券の類いなら封筒に入れてポストするだけだから送るのも簡単。

ちなみに、ここまでの実績は、
お食事券がだいたい額面の7−8割で売れて、合計3万円分が22750円になった。
ホテルの宿泊券は3万円分が27001円。
ニトリの10%割引券9枚が2700円。
もてぎや遊園地の割引券が2枚で1910円。

金券はともかく、割引券も案外高値で売れるものだと驚いた。
送料込みで200円くらいでいいか、と思って出品したのがどんどん値が上がる。200円を銀行振込ってのもないだろうってことで、『切手での支払いも可』として出品したが、1000円以上になって、それが切手で送られてきたらやだな〜と思ったがみんな銀行振込をしてくれた。

金券や割引券は使う予定がはっきりしていれば、確実にお得ではあるのだけど・・・買った人が本当にちゃんと得をしたのか、ちょっと気になるなあ。
特にニトリの人なんて3万円以上買い物をしないと損になるんだけど、大丈夫かな?

売りに出すと、どのくらいの人がチェックしたかが分かるのだが、どれも100人以上の人がチェックしていてビックリする。インターネットってすごい。

せっかくだから家の中の不用品も売りさばいてすっきりしたいと思ったが、モノはなかなか売れなかった。
どれもタダでもらった未使用のトースター、ポット、食器セットを出品してみたが、トースターと食器は最初の最低価格で落札され、ポットは結局売れなかった。
一応どれも40人くらいのチェックは入るんだがなあ。
まあ最低価格で落札されてもいいというちと高めの値段設定のせいかもしれないが。

ちなみにトースターは4000円、食器セットは600円で売れた。

モノの場合は郵送料がけっこうかかるのがネックだろうか。
金券の場合、振込手数料200円くらいと送料80円で済むが、モノだと最低でも送料、手数料合わせて1000円近くかかることが多い。
すると、落札価格はいくら安くても、買う側にするとだいぶ高い買い物になってしまう。しょぼいものだとしょぼいものほど送料の割合が大きくなってしまう。

トースターの人はトータル5000円以上で買ったことになる。
非売品とはいえ、単なるトースターによく5000円もかけて買おうと思うな・・・

食器セットの人は九州に送ったからトータル2000円くらいか。
多分ホームセンターに行けばもっと安くで売ってると思うのだが・・・
・・・と思うと何だか悪くて、キャンセルすることを勧めたが買ってくれた。

相手は自分で納得して落札しているんだから、こっちが心配することもないんだろうけど・・・
しかし、あまり不用品をさばくには適してないなと思った。
近くの人が買ってくれればいいんだけどね。

しかしおかげでだいぶ送料には詳しくなった。
遠くに送る場合は、全国一律の定形外郵便がお得ですな。
定形外ってのは、封筒みたいなものしか送れないかと思っていが、実は宅急便みたいにでかいものも送れるとは知らなかった(4キロまで)。

それと取引は相手の振り込みがあってから発送するのだが、よくみんな先払いしてくれるもんだとビックリした。こっちは初めてだから評価とか全然ついていないのに、数千円程度ならともかく、数万の金券に先払いってけっこう勇気あるなあ・・・

とりあえず以上8点の売り上げが58961円。
不用品を売るのはあまり効率が良くないが、金券、割引券を売るにはなかなか良い。

家に使う予定のない金券や割引券は眠っていませんか?
売りさばいてさしあげますぜ。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-09-10 00:59 | 4x3

和光堂

育児関連の会社の株を一個くらい持っておくか、ということで探したら、どれも株価が最近急上昇していて買う気になれない。
そんな中で和光堂は比較的割安で、配当もそこそこ、優待もあるししばらく持っておくにはいいかも、ってことで買ってみた。

そしたら証券会社からこんなメッセージが・・・
「平素は格別のご高配を賜わり、厚く御礼申し上げます。
早速ではございますが、前営業日の取引について、市場出来高に対するお客様の取引シェアが30%を超える銘柄がございました。
株価形成に与える影響を十分にご勘案の上お取引いただけますよう伏してお願い申し上げます。」

わお、なんか大物になったみたいだ。
実際には最低単位しか買っていないけど、1日の取引量があまりに少ないせいだね。
いや、こんなに取引のない株は初めてだ。(しかし7月半ばからの新興株の暴落にあうと、こうやって全然動かないやつがすばらしく見えてくるなあ・・・)

そんなにマイナーな会社なのかな?
実は粉ミルクを買う時に1銘柄だけ異常に安いやつがあって(他のはどれもセールで2000円前後だが、それはいつでも1600円くらい)気になっていたが、メーカーが聞いたことないところで、それだけが妙に安いのがちと「あやしい」感じがして避けていたのだが、実はそれが和光堂だった。
・・・やっぱマイナーってことか。

しかし離乳食を何気なく買っていたら、気がつけば和光堂のものがほとんど。その中にパンフレットがあって、「和光堂のミルクが安いのは病院などでの営業活動をやっていないためです。ミルクの成分には細かい規定があってどのメーカーのものも、ほとんど違いはありません。」と言うような事が書かれていた。
普通は、「この製品はこんなに優れています!」みたいなことを主張するのに、「どれも違いはありません」ってずいぶんネガティブな宣伝文句だなあ・・・

それだけ見たら、やっぱうさんくさそうな気がして買わなかったかもしれないけど、離乳食は結構いい感じで、コウイチもよく食べるので、試しにミルクも買ってみた。
ちょっと溶けにくい(たまにだまが残っている)が、コウイチの飲みっぷりは他のメーカーのと変わりがない。
リスク分散のため、一つの銘柄に集中しないでいろんな銘柄を使うというのを自分のポリシーとしているが、保育園では別のミルクを飲んでいるし、たまたまプレゼントに応募して当たったというのもあって、3缶連続で和光堂になった。
株も上がってほしいので、ますます和光堂のミルクと離乳食を買ってしまいそうだ。

ちなみにシェアを調べてみたところ、ベビーフードは首位、調製粉乳はH7~H12のデータでは総生産量はやや減っているものの、和光堂の生産量はH7に850トンでシェア5位だったのが、その後順調に伸びてH12にはなんと8300トンを生産してシェア3位に浮上している。(H12に雪印がこけた影響が大きいようだ。)
なかなか侮れないぞ、和光堂。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-08-06 12:42 | 4x3

銀行その2

以前、自分の使っている銀行の支店がどんどんつぶされて困っているということを書いたが、その銀行がコンビニのATMで使えるようになった。近々ネットでも使えるようになるらしい。

普通の振り込みなどはネットで済ませて、現金が必要な場合はコンビニでおろすことが出来るようになれば、支店なぞなくても何の問題もない。いや、かなり便利そうだ。

ところが、このコンビニのATM、どこでも使えると思っていたら、実は使えるところと使えないところがある・・・

関東銀行はセブンイレブン系で使えるが、ジャパンネット銀行はセブンイレブン系では使えず(そのうち使えるようになるらしいが)、ファミリーマート系や三井住友のATMなら無料で出し入れできる。
何ともややこしいが、近くの駅前にはどれも揃っているので銀行巡りするよりは楽になった。
ところが、昨日は間違えて関東銀行のお金を三井住友で引きだしてしまって手数料210円取られた・・・
わざわざ無料の時間帯を選んで行ったのに・・・隣のコンビニなら無料だったのに!
あーあ、手数料取るなら決済する前にちゃんと確認の画面くらい出せ!!!
[PR]
by m.ko-1 | 2004-07-26 02:32 | 4x3

2004年上半期決算

うちの家計は通常の支出を賄う通常会計と、通常は手を出さない資産の部に分けて管理している。半期の決算で通常会計に余裕が出た部分で次の半期の遊び予算(旅行や大きな買い物など)を組み、残りを資産の部に組み入れる。

2004年上半期の通常会計は、予定していた妻の産休手当て、育休手当てが全く入らず、収入は事実上自分の給料だけということで、かなり厳しい状況だったが、出産の際に頂いたお祝いでなんとかとんとん。
しかし今回は余剰金はなかったので下半期の遊び予算も、資産への組込みもゼロ・・・
と言うのが原則だが、帰省などもあるため、産休手当て、育休手当てが入ったら、それを下半期の遊び予算ということにした。

資産の部は、予定外に車を買ったので取り崩しがあったが、運用の方は絶好調であったため、全体としては問題ない。

注目の資産の運用成績はこの半年で自分はおよそ54%のリターン、妻はおよそ31%のリターンで、今回も圧倒的勝利!時価総額はすでに2倍以上!
はっはっは、まいったか。
ちなみにこの間の日経平均の上昇率は12%、ジャスダック平均は47%程度だから、かなり優秀な成績といえるんじゃないかな。

しかしこの半年の相場は相当おおきな波乱があった。特に5月の連休明けに2回のブラックマンデーともいえる大暴落はきつかった。一日でくるま一台分が吹っ飛んだのは初めての経験。そのキズも癒えぬその一週間後にまた一台分・・・あああ。
しかも、これがアテンザの契約をした直後。
契約を連休明けに先延ばししていたら、アテンザは来てなかったな・・・
いや、そもそも2台の車が必要ないと気付いたのもその頃。
家計の最大の危機到来!?しゃれにならんかった。

特にそんなに下げるような材料もなかっただけにわけがわからない。一応、原油高とアメリカの利上げ観測、と言う分析がされていたけど、911テロの後の暴落やらイラク開戦の暴落を超える下げ幅ってのは理解に苦しむ。
普通はそういう時は絶好の買い場とも言えるが、ジャスダック平均の最近の上げっぷりが、ここ5年のチャートを見ると2000年のITバブルの崩壊再び?!と見えて来てさすがに全力買いって気分にはなれず、むしろ全部投げ出してやめたい気分。でもあまりの下げっぷりに投げ出すこともできずって感じだった。

そんな中ラッキーだったのは初めてIPOに当選したこと。しかし公募価格は暴落前に決められたものだし、この暴落の中では公募割れもあるかもしれない、と迷ったが、まあせっかく初めて当たったのだからと買った。まあ、そんな時だからこそみんなが応募しなくて当たったともいえる。
上場する頃には幸い新興株も落ち着き始めていて、前日に上場した株は公募価格の5倍近い初値が付いていた!
が、ちょうど自分のが上場した日にその株が寄りついたあとストップ安を連発した影響か、自分のやつはちょうど2倍で寄りついたあと低迷、初値で売るつもりだったが2倍じゃ売れぬ、とその後の低迷に付きあう羽目に。でもまあ今では初値を超えてきているので我慢したかいもあったというものだ。

さて下半期の目標は・・・すでに1年間の目標を超えてしまったが、まあ上半期と同レベルの成績を上げられれば上出来かな。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-07-06 00:21 | 4x3

子どもの経費

我が家の家計は自分の給料だけでは帳じりがあわない状態なので、子どもを産むというのは経済的にはかなりリスクの伴うことだが、子どもを産むのは年令の制約のあることだから経済的な不安が解消されてから、というわけにもいかない。

子どもが生まれてから独立するまで、順調に育ってくれたとしても20年から30年、トータルで一体いくらかかるかなんて、家庭によっても、子どもによっても千差万別だろうし、そんな先のことは自分の状況だって予想のできるものではないが、ここではとりあえず、これから子供を産もうとしている人の参考までにってことで、妊娠してから子どもが生まれて、保育園に預けるまでに実際にかかった経費、かかるであろう経費、もらったお金、もらえるでだろうお金を振り返ってみる。

妊娠がわかってから現在まででちょうどほぼ1年になるが、それまでにかかった子ども関連の費用はほぼ80万円。
内訳が、診察料が15万、出産の入院費用が37万、マタニティー服、子供服、ベッドレンタル、ミルク、おむつなどもろもろ合わせて21万、新しいデジカメ、ハードディスクなどに7万を使った。ベビーシートやかなりの数のベビー服、湯沸しなどはもらったので金額には入っていない。

もらえるお金は、出産一時金や産休、育休手当てがあるはずだが、いまだ一円も入っていない。
一応、本来は出産一時金が30万円、産休手当ては給料の6割、育休手当ては給料の4割がもらえて、社会保険料は育休中は免除、ってことだったと思う。
みんなに頂いたお祝いや、好調な相場のおかげでうちの家計に逼迫感はないものの、一般的には出費のかさむ時期から何ヶ月も経っても全然入らないというのは、けっこう困った事態なんじゃないかな。(大丈夫か?妻の会社)

うちの会社からは扶養手当が月5500円(これは既にもらっている)、市からの児童手当が月5000円(これは未だ入ってない)もらえるはずなので、一番基本の経費、ミルクとおむつの分はたぶんこれで賄える。
(ただし、このまま行くと株の利益で市からの児童手当は停止されてしまう・・・)

子どもが小さいうちは、一旦、ベットやベビーシート、ベビーカーなどのオオモノが揃えばあとは大したお金はかからなそうな感じだが、共働きを続けるための経費はかなり大きい。

車の購入費用250万、駐車場や保険、税金などの維持費が年間20万
引越し費用が55万、家賃の増加が年間17万
保育園代は年収によって変わるらしく、いくらかかるのかよくわからないが、月5万に延長保育1万としておそらく年間70-80万

一時的な出費の300万はともかくとして、今わかっているだけでも年間120万程度が共働きを維持するためにかかってしまう。
育休では給料の4割が支給されることを考えると、育休を短くして働く経済的な効果はかなり小さい。しばらくは時短で働いて給料減となったらむしろ一時的にはマイナスかも。

しかし、家にこもっていると妻の精神衛生上よろしくないだろうということと、長期的には共働きが欠かせないとなれば、仕事のブランクが1年も2年もあるのはよくないだろうということから、あと1ヶ月ちょっとで妻の仕事が再開する予定。
共働き子育て、うまくいくかな?
[PR]
by m.ko-1 | 2004-05-05 23:52 | 4x3

目標達成!

4月にして今年の運用目標(年50%)を達成!
時価総額が増えてきたからちょっと無理目の目標かと思っていたけど、なんだ余裕じゃん!
今後の目標は半年で50%と言うことにしよう。
すると40歳になった頃には余裕で100億じゃ!はっはっは。

いや、調子に乗らず地道にやっていきます。
でも2年後にはストックオプションが行使できるらしいから、少なくともあと2年は好調な相場が続いて欲しいですなあ。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-12 21:38 | 4x3

テクニカル

株を買う時には一応PERやPBRをチェックするが、新興企業じゃあまり意味がないし、やっぱり過去のチャートを見て判断することが多い。チャートを見ているといろいろな法則を思いつくらしい。それで様々なテクニカル分析というのが行われている。

実際、株を売買しているのは人間だし、有名どころの法則というのは誰しも意識をする。みんなが意識をすれば実際そのとおりに動いてしまうこともあるだろうから、過去のチャートやテクニカル分析が全く無意味とはいえない。

しかし以前ケーブルテレビに入っていた時には毎朝日経CNBCを見ていたが、全くナンセンスな事(よく覚えていないが、終値に6がそろうとよくないとか)をテクニカル分析とかいって、まじめな番組の中で大まじめに語っているのを見て、一気にさめた。

ちなみにいろいろな法則を当てはめて売買のシミュレーションをしてみても特にパフォーマンスは変わらないと、野口悠紀男が言っていたそうな。(具体的にどう言ったかは知らない)
結局のところ相場には絶対はないってことだね。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-03-26 12:00 | 4x3

破綻と株価

会社が破綻するといずれは株価は0になるが、1−2ヶ月は上場したままなので期間限定のマネーゲームが起きる。昨年末の足銀破綻騒ぎはすごかった。期間限定というのは好きではないので、マネーゲームに参加したことはないが、発表直後に1円になった時は買いだったな。リスクは完全に限定できるし、ちょっと上がるだけで倍倍で儲かる。実際そのあと20円近くまで上がったから、数日で10万が200万。

ちなみにクリスマスにお金をばら撒いて逮捕された人は、足銀で2000万近くを稼いだらしい。家にこもってデイトレをやってて、儲かったはいいが虚しくなったとか。
デイトレもたまにやるにはゲームみたいで面白いが、毎日やってたらそりゃあ虚しいだろうね。パチプロみたいなもんかな。というか、どんな職業でもお金を稼ぐのだけが目的だけなら、似たようなもんかな?
[PR]
by m.ko-1 | 2004-03-26 11:51 | 4x3

IPO

IPOにはもう20回くらい応募しているが一度も当たったことがない。イートレのチャレンジポイントは上限に達しているのに。(他の人もチャレンジポイントを持っていれば、結局競争率は変わらないという気もするが)
だいたい1単位しか応募できない(予算が足りない)ことが多いし、自分の使っているネット証券2社には割り当てがもともと少ないということもある。しかし売りたくない株まで売って資金を作って応募しているのに、ここまで当たらないとは・・・
応募した銘柄はだいたいどれも2倍前後の初値がついているのがますます悔しい。というか、最近のIPOの97%は初値が公募価格を上回っているんだそうな・・・ちょっとバブルかな。

しかし初値天井の銘柄も数知れず、初値買いは危険なので基本的にはやらない。でも上場直後に分割を発表してまた急上昇って銘柄も最近けっこう多い。

CNAは公募価格あたりで初値がついたため、初値買いに近いことをしたが、これはほとんどずっと含み損を抱えているほとんど唯一の失敗銘柄となってしまった。未だ塩漬け中。

ちなみにうちの社長は折に触れもうすぐ上場だ、とか言うが、社員の反応は鈍い。上場すれば上場前からの株主は大儲けだろうから、今出資してくれている人たちが出資を引き上げないように引き止める口実として言っているならわからぬでもないが、社員に言ったって、、、ねえ。どんなメリットがあるのさ。ストックオプションでもたくさんくれるのかね?
というかまず上場で手に入れた資金で何をやるのかという構想を語ってほしいですな。いやホントに。

ただ「上場、上場」って言ったって、ようするに自分達の一族が大金持ちになって、それでゴールとか思ってるんじゃなかろうな? と、うたがわれるよ。
いや実際上場した企業でも、単に上場が目的だったんじゃないか?というのもかなりあるし。社長が自社株売っちゃいかんよ。

大学のせんせいたちも続々ベンチャーを立ち上げているけど、ちょっと、いかがなもんかな?大学の技術を実用化につなげるというコンセプト自体には賛成するけど、なんだか現代の一攫千金を狙った単なるブームのような気がしてならないのだけど。 数年前に大学にいた時も、どおでもいいようなことまで何でも特許、特許という雰囲気になっていた。学会発表でも、「特許の提出がまだなので」とかいって具体的なデータを出さない発表がやたら増えてきたし。一番儲かるのは特許事務所なんじゃないの?

国の補助金とか大企業からの研究協力金とか、単なる受託研究から脱却して独り立ちできる企業がそんな中から生まれてくるのか、雨後のたけのこのように出てきたベンチャー(うちの会社も含め)が、10年後に何社残っているのかな、とか考えると、ちょっと恐ろしい気もする。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-03-26 11:49 | 4x3