Fighting Kouichi!


by m.ko-1
カレンダー

<   2004年 04月 ( 72 )   > この月の画像一覧

表示問題2

最近、「アイガモにスズメ、コイやカエル、牛乳、酒、コーヒー……。これらがみんな「農薬」に指定される可能性が出てきた。」と言うニュースが話題になった。

農薬取締法改正で登録されたもの以外は使えなくなったため、農水省と環境省は農家が除草などに利用してきて人畜に無害なものを幅広く「特定農薬」に指定して合法化するため、らしい。

今までどおり使えるんだから問題ない、かと思いきや、農家の人たちは「無農薬」と謳えなくなるため、猛反発しているらしい。

この問題は結構面白い。確かに普通の感覚からすると、工場で化学的に合成した物質やら、抽出した物質は「農薬」だが、コーヒーの出がらしが「農薬」とはちとおかしい感じがする。

だからそのあたりは区別してほしいと言う気もするが、実はそれほど明確に区別できるものでもない。例えば従来から「農薬」といっているものでも、天然物から特定の物質を抽出、精製しているものもあるだろうし、天然物に含まれる物質と同じモノを化学的に合成したり、発酵で生成させるものもあるだろう。
篤農家の場合でも、必ずしもコーヒーの出がらしをそのまま撒くと言うレベルではなく、例えば経験的に特定の植物から抗菌性を持つ有効物質を抽出して撒くとか、あるいは流行のEMのように発酵を利用することもある。
つまり前者と後者の違いは実質的に、工場での大量生産か、庭先での自家生産かの違いしかない場合だってあったわけだが、それでも後者のみが「無農薬」を宣伝できていたわけだ。

つまりは、「無農薬」と言う表示があることで、「農薬」が悪いものであると言う印象を与え、それによって逆に「無農薬」というプレミアムができて、高く売ることができる、と言う構図がある。
もちろん、原理的には同じモノでも「無農薬」をやっている人たちは、大量生産はできないため、ひとつあたりの生産に手間がかかり、結果としておいしいものができるということはあるため、それに対して高い値段を払うことは別に不合理なことではない。
工場で大量生産される茶碗と、手焼きの茶碗では値段が違うのは当然で、それと同じように「無農薬」をやっている人たちが高く売るための「表示」がほしいのもわかる。しかし「農薬」という仮想敵を作りだすのはちょっと違うように思う。

以前も書いたが、「遺伝子組み替えを使用していません」と言う表示には同様の問題がある。つまり、「遺伝子組み替え」という仮想敵を作ることで、「非遺伝子組み替え」にプレミアムがつくのだ。

しかしその「遺伝子組み替え」という仮想敵は「農薬」同様、法律がなにを「遺伝子組み替え」と呼ぶかによって実体が変わってくる。

極端な話をすれば、「遺伝子組み替え」の定義を広義に取れば、すべてのものは「遺伝子組み替え」に含まれてしまう。
また、いわゆる「遺伝子組み替え技術」によって作り出したものを「遺伝子組み替え」と呼べばいいかといえば、実はそうでもない。

たとえば、これまではセルフクローニングのものは「遺伝子組み替え」に含まないことになっていた。ちなみに、セルフクローニングとは、同じ種由来の遺伝子を組み替えることで、例えば、野生のイネから有用遺伝子を取り出して、コシヒカリに入れても、これは「遺伝子組み替えイネ」と表示する必要はなかったのだ。実際には植物ではそのような遺伝子組み替え作物は商品化されていなかったが、微生物ではセルフクローニングの株がアミノ酸発酵などに実際に使われている。

ところが、今度セルフクローニングのものも「遺伝子組み替え」として扱われるようになるらしい。つまり、いままで「遺伝子組み替え」と表示せずに普通に売っていたものが、「遺伝子組み替え」と表示しなくてはならなくなるかもしれない、ということで、突然変異させて遺伝子組み替えと同じ事が起きている株を選んでくるということを、大手企業は始めているらしい。
例えば、におわなっとうは、においの元を作る遺伝子をつぶした納豆菌を使っているが、まずは遺伝子組み替えでターゲットとなる遺伝子をつぶして効果を確認し、次にその遺伝子が突然変異によってつぶれているものを探してきて、商品化しているらしい。(この場合はセルフクローニングの議論以前に自主的にやっていたみたい。)

ちなみに突然変異は放射線や化学物質によって人為的に引き起こすが、それによって出来たものには、今のところ何の表示義務はなく、普通に商品として売られている。

表示の有無によって商品の売上が大きく変わるのだから、企業としては当然の行動ではあるが、それで安全性が上がると言うならともかく、実体は何も変わらないが、表示対策のために膨大なコストを払うというのはなんとも無駄なことだ。そのコストは回りまわって消費者が払うわけだから、消費者が実体を知って、表示に振り回されなくなることが社会的なコストの低減につながる。

うちの会社でも似たようなことをやっている。有用遺伝子が特定されたら、「遺伝子組み替え技術」を使えばすぐに新しいモノを作ることはできるが、それでは売れないので、掛け合わせを繰り返すことによって有用遺伝子の部分だけ組み替わったものを選抜してくる。時間はかなり短縮する技術はあるのだが、かかる労力とコストは「遺伝子組み替え技術」を使うのに比べるとけた違いに大きい。それでもこの方法ならすぐに品種として登録して売り出すことができるため、「遺伝子組み替え」として検査を受けるのに比べれば、ずっとコストは少なく済むし、早く売り出せる。「表示」によってこのような技術の逆転現象が起きてくる。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-21 18:37 | GMO

コメの選別機2

コメの選別機の原理はわかったが、テレビを見た瞬間に感じたのは、一粒一粒判別していてその処理スピードはどんなもんなのか、ということ。
1秒間に100粒通過したら、とても人間の目にもとまらぬスピードだとは思うが、1時間で処理できるのは36万粒・・・36万粒と言われてもピンと来ないな。

コメの重さを計ってみると、精米21位粒で0.5グラムになった。つまり36万粒は9キロ弱に相当する。1時間かけて10キロにもならないんじゃあ、普通のお米屋さんに1台あってもとても間に合わない。

そこでちょっと検索をかけてみたら、いろいろ機種はあるが500キロ/時と書いてあるのがあった。500キロは2100万粒に相当するから、1秒あたりだと5833粒。120chということは、1chあたり48粒/秒。
ほほ~、なんとなく妥当な数字じゃないか。

このくらいの量だと、まだなんとなく感覚的に理解可能だが、最近のコンピュータやら、インクジェットプリンタあたりの処理能力になると、原理は簡単でも、その量はもはや人の感覚を超えたものがある。
インクを一粒一粒飛ばして、きれいな写真が出来上がるなんて、原理を思いついても、とても今のようなプリンタは想像できないだろうな。
生物でも、わずか4つの塩基の連なりが途方もない量になるとこれが、生物の設計図となるあたり、想像しようとするとくらくらする。

単純なものの繰り返しでも、その「量」が半端ではない大きさになると、想像できないようなものに様変わりする。想像力を鍛えなくちゃ。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-21 15:58 | a la carte

おー?

a0006395_234131.jpg
おどけているみたい。

かなり表情がしっかりしてきた。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-20 23:42 | Kouichi

もういっこ

a0006395_233935.jpg
そんなにおかしいかえ?
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-20 23:40 | Kouichi

笑顔

a0006395_233848.jpg
撮った!ようやく撮れた!

最近は顔を見るとけっこう良く笑顔は見せてくれるようになったが、カメラを向けるとすっと笑顔が消えてしまう。
しかし撮れましたぜ。今日は豊作、豊作。
ムービーにマクロにJ4万歳。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-20 23:39 | Kouichi

コメの選別

昨日WBSをチラッと見たときに、たまたまコメの精米機とコメの選別機の特集をやっていた。(コウイチの世話をしつつ見てたので記憶は正確ではない)
なんとコメを一粒一粒、流していく途中で小石や、虫食いコメ、欠けたコメ等の不純物を判別して、一粒一粒吹き飛ばす仕組みになっているらしい。すげー。

そういえば、買ってくるコメは全くもって不純物が入っていないが、どう取り除いているのか知らなかったが、そんなことをしているとは。まあフローサイトメーターのでかい版(どっちが先かは知らないが)だから、言われてみればなるほどではあるが、いつ頃からこんなものを使っているんだろ。こういう機械がなかった頃はどうやってたのかな?

自分が種を取って不純物を取り除こうとする時は、茶漉しでふるう、軽いもの(籾殻とか)は息を吹きかけて飛ばして、あとは紙の上をクロマトグラフィーの原理で転がすと、丸いきれいなタネが先に転がり落ちて、いびつな不純物は紙の上に残る。

まあたぶん基本的は原理は一緒かな。大きさはふるいを使えば選別できるし、重さは吹き飛ばした時に一定の場所に落ちるものだけを集めるとか、形の違いは転がすとか。それだけやれば、ほとんどの不純物は除けると思うが、形も大きさも重さも形も種とほとんど同じくらいの小石などはやっぱり除けない。

小豆とか大豆くらいの大きさになれば、パートのおばさんパワーでできるかもしれんが、コメとかごまとかの大きさになるとちょっと無理だよな。

昔はそのくらいは気にせずに食べてたのかな?
実際会社からときどき分けてもらうコメは籾とかかなりいろんなゴミが混じってるし。

機械の仕組みを考えるのも結構面白い。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-20 18:06 | a la carte

ぼうし

a0006395_01249.jpg
妻の手編み帽子。
おみやげにもらった帽子が大きすぎて、店に行っても売ってなくて、「自分でつくったら?」って言ったら2つも作った。

右手は顔のひっかき防止。けっこう寝ながらしげしげと手袋を眺めてることがある。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-20 00:13 | Kouichi

がんつけてます。

a0006395_01012.jpg
向き合う形で抱っこしてると胸に顔をぶしぶし押し付けてきたり(鼻つぶれるよ)、おでこをがんがんぶつけてきたりする。いたくないんか?こっちは痛い。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-20 00:11 | Kouichi

今日の雑草その4

a0006395_0759.jpg
白いタンポポ
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-20 00:09 | photo

今日の雑草その3

a0006395_0649.jpg
タンポポもこんなになってたとは知らんかった。
[PR]
by m.ko-1 | 2004-04-20 00:07 | photo