Fighting Kouichi!


by m.ko-1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

保険

自分は一人暮らしの時は特に保険には興味もなく、全く加入していなかった。会社に保険のおばちゃんが来ないということもあるが、何やら複雑そうな保険の仕組みを勉強しようと重い腰を上げたのは、結婚してからだった。
結婚するとさすがに少しは保険にも入らなくては、といろいろ検討していこうとしたが、一般的な保険というのは様々なものが組み合わさっていて、なかなか比較というのが難しい。結局、比較するには全部分解するしかない。

しかし普通は、保険を細かく分解してみるのはかなり難しい。見積もりを頼むと3通りくらいのプランを提示してくるが、それを見ても、どの部分がいくらなのかはさっぱり分らない。
だからネットで、自分でいろいろなシミュレーションのできる共済のHPは役に立った。ちょこっとずつそれぞれ数字を変えていくと、保険や貯蓄の部分がそれぞれどのような計算になっているのかが分るのだ。
例えば10年の満期金を100万円つけると10年で72000円得をする。つまり大ざっぱに言えば年率1.4%の貯金をしていることになる。月払いのものを年払いにすると6%安くなる。
貯金が全くない場合はともかくとして、今や0.01%とか分けのわからぬ利率の貯金をしている一方で、何となく払いやすそうということで月払いにしてしまっているのは愚かと言うほかない。

複雑に見せかけた保険商品も、ようするに保険の種類は生命と医療、保険の期間が終身と定期、それに満期金や年金のような形で貯蓄する部分が加わる。そうやってばらばらにして比較すると、実は保険会社によってそれほど値段に差はない。だから一番のポイントは、自分に必要な保険は何なのかを知ることだろう。(終身や年金型の場合は保険会社の健全性が問題になるが)

しかし総合型の保険は、保険料がじりじり上がるようになってたり、60歳で保障が減るようになってたりちょこちょこ生存給付金がでるようになっていたり、特定の病気の診断でお金が支払われたりと、そう簡単には分解比較ができない様になっているものも多い。比較が容易だと価格競争になってしまうから、わざと分かりにくくしてるんだろうが。

そもそも保険の仕組みは、貯蓄型は突きつめれば運用利回りの問題なので別として、年金型は支払額x長生きの確率、保険は支払額x事故の確率に保険会社の利益をプラスしたものが保険料になる。
つまり確率から言えば保険は確実に損をする商品といえる。しかし確率が低いとはいえ、それが自分に当たってしまった場合はどうにも困ってしまうという事態を避けるために保険は存在する。十分な資産があるならそのような心配をする必要はないのだから、貧乏人のための危機回避手段ともいえるかもしれない。実際には危機でもないレベルのことにまで保険をかけるから貧乏人はますます貧乏になってしまうのだ。

自動車保険で考えると分かりやすいが、まあまず事故など起こさない、と思っても、万が一事故を起こして何億とか請求された場合は、普通の人だと破産してしまう。それは困るから保険が必要となる。
ところがそんな極端な事故より被害額は少ないが、もっとよくありそうな事故に対しても保険にかけてしまうと保険会社の思うつぼになる。

例えば車両保険、これが自動車保険の大部分を占める場合も多いのではないだろうか。
補償額は100万とか、確かにも支払うことになったら痛いが払えぬことはない金額だ。しかしそれに対して毎年何万もの保険金を支払うというのはどういうことだろう?何十年にいっぺんかクルマを大破させるような事故を起こさないと損をしてしまう。一般的な人より自分が運転がよほど下手という自信があるのだろうか?

さらにすごいのがレンタカーの免責保障。わずか5万だか10万の免責額を保障してもらうために1日あたり1000円とか2000円も払わなくてはならない。10万で家計が破綻してしまうのか?それともよほど事故を起こす自信があるのか?
冷静に考えればこんなわけのわからない保険はないのにほとんどの人が払ってしまうのが不思議だ。

保険は基本的に損する商品、それでも敢えてかけるべきかを検討するのが基本ではなかろうか。
[PR]
# by m.ko-1 | 2004-03-11 02:50 | 4x3

事故歴

始めに断っておくと、ぼくは免許を取ってから10年、年間1万キロ程度走って未だ無事故無違反のばりばりゴールドライセンスだ。
しかし何度か危ない目に遭っている。
免許取り立ての頃はやっぱり危ない。運転のうまい下手なんて、サーキットでコンマ何秒を争うのでなければあまり関係なさそうだが、完全に体が操作を覚えているのと、多少なりとも考えながら操作をするのでは、危険回避のコンマ何秒に大きな差が出てくる。

今でこそ運転のどこが難しいのか分らなくなるくらい体が操作を覚えているが、免許を取ったときを思い出すと、そういえば途方に暮れるくらい難しく感じて、それでも「そこらの鈍そうなおばさんでさえ運転してるんだから、自分にできないはずがない」と自分に言い聞かせていたような気がする。
何が難しいって、次にどんな操作をするかを頭で考えると、同時にいくつものことを思い出さなくてならなくて、それがのんびり思い出してるヒマが無いから、どこかで引っ掛かるとパニックに陥ってしまうのだ。
特に曲がるときは右左の安全確認、ウィンカー、スピード落とす、ギヤを落とす、内輪差を考えて曲がる、みたいなことを同時にやらなくてはならない。ウィンカー出すのと安全確認どっちが先だっけ?とかふと疑問になると他のことを忘れたり、あたふたパニックになる。
で、結局操作をきちっとやることに気を取られる分、安全確認が不十分になったりするのだ。操作が全て無意識で行えるようになると、意識は全て安全確認に割くことができる。

まあともかく初心者の頃は操作に気を取られて安全確認が不十分で車線変更をしたとき、バックミラーの死角、つまりちょっと後ろ側のすぐ横に車がいることに気づかずに、しかもウィンカーを出してすぐに車線変更してかなり危なかったことがあった。信号で止まったときに怒鳴り込まれたけど、まああれは自分が悪かったですな。
車線変更の時のにすぐ横にいるのに気づかずに行きかけたってのは、結構最近でもやるかも。さすがに寄る途中で気づくけど。

あとはバックで曲がるときの感覚が分らずに、店の駐車場で車の横をこすってしまったことがある。こすっていることは分っていて、でもどっちにハンドルと切ればいいのか分らず、誰かに助けを求めたくなったが、まあ何とか脱出して家に帰ってみたら車の横がべこっとへこんでいたのだあ。軽くこすっているようにしか感じなかったのに、車ってのは柔らかくできてるもんだと驚いた。実家の車だったのだが、イヤ、申し訳ない。

2トントラックを借りて、パーキングブレーキをかけずに止まって、降りたらトラックがずりずり動き始めてあわてて飛び乗って止めたことも。手で引くやつじゃなくて足を使うパーキングブレーキは慣れないから忘れることがあるな。でもあぶない。

学校の車を借りて高速に乗っていたらいきなりドカドカいいだして、あわてて路肩に止めたらなんとタイヤが粉々に砕け散っていたこともあった。あれはあとで思い出すとかなり恐ろしい。どうしたらいいか分らなくて、高速道路の緊急電話をしたら、自分で予備のタイヤに換えてくださいだとよ。あれで初めてタイヤの交換を体験した。

人身事故はのちの妻がうちの実家の車を運転しているときに起こしたことがある。反対車線が混んでいて車が並んで止まっているそのすき間からチャリンコが飛び出してきたのをはねたのだ。
危ない!と言った次の瞬間に車のフロントガラスがばりばりになって、車を降りると太った小学生と自転車が倒れていたのだ。
まあ、ありゃあ明らかにあのガキが悪い。全くのノンストップで飛び出してきたからね。その小学生の母親もかけつけて、開口一番「またやったのかい!あれほど注意しなさいっていったのに!」って常習犯なのか。それから反対側に止まって、目の前を自転車がすり抜けた車に乗っていた人も、警察の実況見分が終わるまで待っていてくれて、「あれは完全にノンストップで飛び出してきましたね」と証言してくれたのもありがたかった。
しかし、どんなに相手が悪くっても、やはりこっちが加害者であのガキは被害者ってことになるんだよね。ホントに被害者はこっちだよ、と言いたいところだけど、まあ結局あのガキも何十万もかけていろいろ精密検査して、何もなかったから相手の親とも冷静に示談ができたが、あのガキが死んだり重傷を負っていたらどうなっていたことかと思うと恐ろしい。しばらくは似たような狭い道を車で走ろうとすると、いつ自転車がとびだしてくるかと恐ろしくてたまらなかった。
あの事故で困ったのは、実家の車の任意保険に家族限定がついていたため任意保険が全く使えなかったのだ。自賠責は使えるのだが、自賠責では相手との示談などは一切してくれない。警察が過失割合とか決めてくれるのかと思いきや、警察ってのも何一つしてくれない。
途方に暮れてネットを調べまくると結構いろいろな事故事例の過失割合とかあって参考になった。あとは弁護士の無料相談に行ったりと、ちょうど春休みだったが、休みの多くを事故処理に費やすことになった。
最終的には相手の治療費は全額自賠責からおりて、うちの車の修理代10万の半額を相手に支払ってもらって解決した。

まあとにかくいろんなことを学んだ。過失割合ってのはかなり細かく決まっていて、飛び出しでも中央分離線の種類によっても違うし、夕方だとライトがついてるかどうかとか、相手が何歳かとかによって5%とか10%が加わえられたり、減らされたりする。しかしその事例による過失割合というのも、法的拘束力があるわけではなく、あくまで裁判になった場合の判例からの推測、と言うことになり、裁判を起こさない場合は過失割合というのはあくまで相手との話し合いで決まることになる。
任意保険に入っていれば、そのあたりは保険屋さんが相手との交渉までやってくれるのだろうが、自賠責だけだと自分で相手を説得しなくてはならないのだ。

任意保険は家族限定のようにいろいろ条件をつけると安くなる、と宣伝しているが、これがくせ者なのだ。安くなるという言葉に引かれて、うちの親のようについついつけてしまうと、いざというときに全く役に立たないことになる。安くなると言っても実は1年でわずか2000円程度なのだ。間違えて限定をつけてしまった人は、今すぐ解除することをお勧めする。
保険屋が「安くなりますぜ」と勧めてくる保険の適用条件の制約なんぞは絶対につけないほうがいい。せっかく高いお金を払って、いざというときには何の役にも立たなくなってしまう。しかも、それでいくら安くしてくれるのか、と言うと実はほんのわずかしか安くならないのだ。
逆に保険屋が「こんな保障をつけておけば安心ですぜ」と勧めてくる追加の保障は、追加料金がやけに高い割には、実はたいして必要のないものが多い。
保険の内容はよ〜くかんがえたほうがいい。
[PR]
# by m.ko-1 | 2004-03-10 01:19 | car & bike

2003年の相場

株の売買を始めてほぼ1年が経つ。去年の相場を持ち株中心に大雑把に振り返ると、1月は新興市場のフィーバー、2月から崩れ始め、3月は総崩れ、ソニーショックでトドメをさされ、りそな事件から全体に上がり始め、8月9月はなんでもかんでも大フィーバーで毎週がボーナス日という感じ、9月の終わりごろからは新興株が崩れ始めて、10月、11月は逆に毎週が逆ボーナスという感じ、12月末になってようやく少し戻すという感じだった。
 全体としては1年でほぼ5割のリターン、新車が一台買える程度の利益を出した。が、日経平均も3月の最悪期から5割ほど上げたことを考えると、「あれこれ動いて結局日経平均並みかい」という気もしないではない・・・
「あの時ああしとけば、、、」とか考えるときりがないが、まあいろいろ学んで、平均的な利益も出すことが出来たのでよしとしよう。

ちなみに、妻も株に投資しているが、具体的な投資先はお互いに知らない。会話の中で2−3銘柄程度は予想がつくが、詳しく知るとあれこれ口を出したくなるのであえて知らないようにしている。妻と自分は投資のスタイルがだいぶ違うから、口を出さなければ家計全体としては多少リスクが分散されるであろう。
リスクの管理としては、毎月一度家計簿に時価総額を反映させ状況を把握する。半年に一度決算して、半年前より大幅な損失を出していたら投資額を減らす、利益を出していたら投資額を増やす、ということでファンドマネージャーとしての能力を競っている。
・・・と考えているのはぼくだけかも知らん。
一応妻は毎年20%のリターンを目標にしている。300万を20%複利で増やすと30年で6億円になるのだ。ちなみにぼくは50%を目標にしているが、30年だと、なんと3800億円になるのだ・・・
複利というのは恐ろしいね。

去年の8、9月の毎日が給料日のような状況の時には、調子に乗って「親類から投資してもらって運用してやろうか」と本気で考えたが、その直後の状況を考えるとやらなくてよかった・・・と思う。
やはり運用は自分の余裕資金の中で動かさねば。
でも、数千万まではスケールメリットがあるんだよな。一単位しか持っていないと売買のタイミングが難しいし、相場が大きく動くチャンスのときに、他の株を売らないと資金が出来なかったりするし、IPOは一度も当たったことがないが、余裕資金があれば当たる可能性も増える。そもそも去年売った株を一つも売らずに今も持っているだけの資金があれば、あと500万くらい含み益がでてたのだから・・・
もし、ちゃんとリスクを理解してくれるなら運用して増やしてあげますよん。
[PR]
# by m.ko-1 | 2004-03-08 18:31 | 4x3

4x3=運用

我が家の資産運用は、そのむかし定期や定額に預けたものと、いざというときに必要な程度の額を現金と普通預金にして、残りはほぼすべてが株式で運用されている。
もちろん学生時代には運用資金などなかったので、始めたのは結婚して数ヶ月たって大体家計の出入りが把握できてきたおととしの年末である。妻の方は結婚の半年か1年位前から「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んで始めていたようだ。
あの本で投資を始めた人は多いだろうな。あの本を鵜呑みにするのはよくないが(まあどんな本でもそうだが)、なんとなく経済に興味を持つのには役立った。その後何冊かお金本や雑誌を読んで、ネット証券の口座を開いた。

株の基本知識はかなり仕込んでいたつもりだし、売買のシミュレーションもできるが、実際に株の売買を始めると、「やっぱり何事も実際にやってみないとわからないことがあるな」と思った。
特に自分の感情の変化などは、自分のお金を使っていないとなかなかわからないものだ。
チャートなどを見ていると、このとき買ってこのとき売ればいいじゃないかとか、とても簡単そうに見えるが、実際に売買をするとなると様々な感情が入り混じって本当に難しい。ポジションを持っているときと持っていないときで同じ株価がまるで違って見えるからね。

買った後に下がっていくと悲しいし、ナンピンすべきか損切りすべきか苦悩することになる。買ったあとに上がったとしても、今度はどこまで上がるのかわからないから、「欲は出さずにちょっと上がったら売ろう」という方針で行くと、売ったあとにどんどん上がっていくのを悲しい気持ちでながめていなくてはならなくなったり、「まだまだ」とか思って持っていると、せっかく2倍くらいまで上がったのがいつのまにか元に戻っていたりする。

まあ、いろいろなケースに出会って、そのたびに方針もくるくる変えざると得なくなったが、唯一残っているのは「相場に絶対はない」ということだ。「これから上がる」と考える人と、「これから下がる」と全く逆に考える人が同じだけいて取引が成立するのだから、当たり前のことではあるが。
このことを忘れると変な詐欺に引っかかるのだ。よく先物の勧誘電話がかかってくるが、「あれこれの理由でこれから絶対上がるんです」とか言われると、「あんた相場がわかってないね」と返したくなる

始めた頃は、株価の上げ下げの理由を掲示板やらアナリストのコメントやら新聞やらをチェックしまくって「ふむふむ」と思っていたが、色々なケースを経験するにしたがって、だんだん、どれも実にいいかげんというか、後付けのこじつけがあまりに多いのにあきれて、ほとんど参考にしなくなった。
まあそれも、「相場に絶対はない」の原則からすれば当然のことで、みんなの意見が一致した場合には、予想はあたっても売買は成立しなくなってしまうのだ。
[PR]
# by m.ko-1 | 2004-03-08 18:31 | 4x3

ビデオ

生まれて2週間、まだ泣く、と満足、と言う以外の感情はほとんどなさそうだが、表情は実によく変化する。口の片側を上げてにやっとすることもあるし、一瞬、にこ〜っとホントにかわいい笑顔になることもある。
ぼくは写真を撮るはかなり好きで、フィルムカメラもたくさん持ってるしデジカメも持っているが、ビデオは撮ってもどうせ見ないだろう、と言うことで持っていない。
しかし赤ちゃんの一瞬の表情の変化や動きをカメラで捉えるのは至難の技。デジカメの動画機能を初めて使ってみたらこれが意外にいい。古いデジカメだから音も入らないし、画面は小さいし、1分くらいしか撮れないが、くるくる変わる表情が見えるのは楽しい。
やっぱりビデオを買おうかな?でも編集しないとさすがに見るのはきついし、編集するとなると今のパソコンじゃ厳しい。DVD−Rなんかも要るかも。凝りだしたらやたら時間がかかりそうだし。うちの兄が凝ってるもんなあ。
やっぱりデジカメのオマケの動画で、もうちょっとまともなのが撮れるやつにするかとも思うが、それだと今のデジカメとそれほど違わないのがもったいないような・・・うーむ。
[PR]
# by m.ko-1 | 2004-03-08 02:27 | Kouichi

自然のままに

こういちを見ていると自然のままに生きているな、と感じる。
お腹が空いてくると体全体をくねらせはじめ、顔が赤くなって口をちゅぱちゅぱさせる。ミルクの飲みはじめも顔をまっかにして必死にのむが、しばらくすると体の力が抜けはじめてほとんど半分寝ながら飲む。飲み終わった頃には既に夢の中。
お風呂に入る時も、入る瞬間だけは激しく泣くことが多いが、入ってしまうとぽや〜んとした顔になる。洗われる時は手足に力が入っているが、しばらくすると完全に脱力状態でほとんど寝てしまう。本当に体の欲求に従って泣き、満たされれば寝る。いいですな。
[PR]
# by m.ko-1 | 2004-03-08 02:24 | Kouichi

バンディット

a0006395_23931.jpg
最初はアメリカンに憧れていて、ドラックスターかマグナかエリミネーターを探し回っていたが、これがなかなか程度のいいものが見つからない。都内とか埼玉辺りのバイク屋にはいくつかありそうだったけど、送ってもらうのは高いし、いきなり自分で乗って帰るのには遠いのはつらそうだし、遠いところだと故障が遭ったときにも困る。
そうこうしているうちに、教習が進むにつれてノーマルなネイキッドタイプを操る楽しさに目覚めた。ネイキッドならけっこう近くのバイク屋にも色々ある。しかもけっこう安いやつもある。

最後は新車のエリミネーターを買うか、中古のネイキッドを買うかで迷って、結局バリューフォーマネーの高い中古のネイキッドにした。
エリミネーターはとにかくカッコはいいけど、ネイキッドに比べると馬力がないし、曲がりにくそうだし、すりぬけも難しそうだし、ヘッドランプも小さくて暗そうだ。新品だから50万するし。
で、結局95か96年産のバンディットが23万円で売ってたのをみて、かなりかっこいいし、安いからとりあえずは練習用に使えるだろうと思って買った。買ったときは未だ免許が取れてなくて店に取りに行けなかったため、実際手に入れるまでの間、ネットで調べるとやけに評判が悪かったりしてやっぱエリミがよかったかな?とかだいぶ後悔した。

でも実際に手に入れるとかなりいい!かっこいい!ネットで言われていたようなトルクの弱さとか燃費の悪さというのも、実際乗ってみると問題ない。冬は寒さが身にしみるけど、とても気に入って乗ってます。
[PR]
# by m.ko-1 | 2004-03-06 02:40 | car & bike

バイク

うちから会社までは30キロ近くあり、しかも公共の交通機関というものがない。(家の近くには電車が通っているが、会社の近くには何もないのだ)そのため、通勤にはどおしても車が必要になるが、こどもができて、妻が家にいる時には車が必要になることもあるだろう。

しかし車を2台維持するというのはかなり大変だ。うちは駅に近いので駐車場代も高い。そこでバイクの免許を取ることにした。バイクなら駐車場代もかからないし、燃費もいい。

まー、バイクに乗ってみたかったってのもあるが、家計に貢献できるという大義もあって去年の秋に免許を取った。
10年ぶりの教習所は若い人が多くて何やら懐かしい雰囲気。インターネットで予約できるあたりはだいぶ進化している。しかし予定外だったのは、バイクは寒いから夜の教習がなかったことだ。一番遅い教習なら会社のあとでも行ける、と思っていたのだが当てが外れた。
こうなったら週末にやるしかないが、予約がまとめてとれないから、土日合わせて1個とか2個しかとれない。それだとなかなか上達しないのだ。仕方がないから時々会社を早退して通ってた。

バイクってやつは想像していたよりやたら重くて扱いにくい。かよわそうな女の子もけっこう教習に来ていたが、一体どうやってあんな重いものを持ち上げるのか、とても不思議だった。まあ実際今日集中にこけて持ち上げられずに困っている女の子も見かけたが。

とにかく最初のうちはクラッチやブレーキやスロットルの力加減が分らず、エンストしたり暴走しそうになったりと冷や汗ものだった。
しかしいちいち頭で考えなくても体が操作を覚えてくるとやっぱりかなり楽しくなってくる。
教習のたびに自分が進化していくのも実感できて、自分にも未だ成長の余地があったんだと嬉しくなったり。
初めての雨の日に見極めを受けて一度落とされ、(それ以来雨の日のバイクは極力避けている。前は見えないし、滑るし、ホント最悪)予約がとれなくて2カ月くらいかかってしまったが、まあ順調に卒業することができた。
[PR]
# by m.ko-1 | 2004-03-06 02:37 | car & bike